Skip navigation
Log in to follow, share, and participate in this community.

Recent Activity

RSA Information Design and Development
Click to view content    NetWitnessリカバリ ツール(NRT)を使用して、NetWitness Serverホストおよびコンポーネント ホストのデータをバックアップおよびリストアすることができます。NRTは、RMA、ハードウェア更新、一般的なバックアップおよびリストアの要件に対応するために、対象ホストのコマンドラインで実行するスクリプトです。Azure VMにデプロイされたホストの災害復旧手順については、「Azure導入環境での災害復旧」を参照してください。 NRTは各ホスト システムでローカルに実行する必要があります。リモート ホストまたは外部ホストから実行することはできません。 次の種類のホストをバックアップおよびリストアできます。…
RSA Information Design and Development
    このセクションでは、AWS仮想ホスト(VMとも記載)に導入されたNetWitness Platform 11.x のバックアップとリストアの方法について説明します。AWS導入環境での11.xのバックアップおよびリストアには、次の2つの主要なタスクが含まれます。 タスク 1 - データのバックアップとエクスポート タスク 2 - データのリストアとインポート タスク 1 - データのバックアップとエクスポート nw-recovery-tool --exportコマンドを実行して、データをエクスポートします。詳細は、「災害復旧」を参照してください。 IPアドレスを記録します。この情報は、災害復旧手順で必要になります。…
RSA Information Design and Development
Click to view content    このセクションでは、Azure仮想ホスト(VMとも記載)に導入されたNetWitness Platform 11.xのバックアップとリストアの方法について説明します。Azure導入環境での11.xのバックアップおよびリストアには、次の2つの主要なタスクが含まれます。 タスク 1 - データのバックアップとエクスポート タスク 2 - データのリストアとインポート タスク 1 - データのバックアップとエクスポート nw-recovery-tool --exportコマンドを実行して、データをエクスポートします。詳細は、「災害復旧」を参照してください。 タスク 2 - データのリストアとインポート このタスクを完了するには、『Azureアップグレード…
RSA Information Design and Development
Click to view contentNetWitness UEBAとは?   RSA NetWitness UEBA(User and Entity Behavior Analytics)は、ネットワーク環境のすべてのユーザとエンティティから危険な行動を検知し、調査、監視するための高度な分析ソリューションです。NetWitness UEBAは次の機能を提供します。   悪意のあるユーザや不正ユーザの検知 リスクの高い行動の特定 攻撃の発見 新しいセキュリティ脅威の調査 潜在的な攻撃者のアクティビティの識別   本書について   このガイドでは、NetWitness Platform UEBAを構成し、UEBAの機能を使用するためのエンドツーエンドの手順を説明します。   RSA Link上のRSA…
RSA Information Design and Development
Click to view contentNetWitness® Investigateとは? NetWitness Platformは、ネットワーク上のすべてのトラフィックを調査および監視します。NetWitness Platformのサービスの1つであるDecoderは、ネットワーク内のパケット、ログ、エンドポイント データを収集、解析、保存します。Decoderに構成されたパーサとフィードは、収集したログおよびパケットをアナリストが調査できるよう、メタデータを作成します。別のタイプのサービスであるConcentratorは、メタデータのインデックスを作成し、保存します。NetWitness Investigateは、RSA NetWitness®…
RSA Information Design and Development
View PDF       ホストおよびサービスの基本情報 ホストとサービスの手順  参考情報 [ホスト]ビュー[ホスト]パネル ツールバー [グループ]パネル ツールバー  [サービス]ビュー[サービスの編集]ダイアログ [グループ]パネル ツールバー [サービス]パネル ツールバー  サービスの[構成]ビュー[Applianceサービス構成]タブ [データ保存スケジューラ]タブ [ファイル]タブ  サービスの[エクスプローラ]ビュー[プロパティ]ダイアログ サービスの[ログ]ビュー  サービスの[セキュリティ]ビュー[ロール]タブ サービスのユーザ ロールと権限 Aggregationロール [設定]タブ [ユーザ]タブ  サービスの[統計]ビュー統計チャート トレイ…
RSA Information Design and Development
Click to view content    NetWitness Platformサービスの[エクスプローラ]ビューでは、ホストとサービスの構成を表示および編集できます。 サービスの[エクスプローラ]ビューでは、すべてのNetWitness Platformホストとサービスにアクセスし、制御を行うことができます。[エクスプローラ]ビューは、Windowsエクスプローラのインタフェースに似ており、ノードとツリーの構造で表示されます。このパネルでは、以下の機能を実行できます。 選択されたサービスのすべての構成ファイルのディレクトリ ツリーを表示(複数のサービスを選択した場合、すべてのサービスに共通する構成ファイルを表示)します。 ディレクトリを移動し、ファイルにアクセスします。…
RSA Information Design and Development
Click to view content    このトピックでは、サービスの[構成]ビューで使用できる機能について説明します。 サービスの[構成]ビューは、[サービス]ビューの[アクション]()メニューから表示できるビューの1つです。このビューには、コア サービスまたはNetWitness Platformサービスの詳細な構成を管理するためのユーザ インターフェイスがあります。  サービスの[構成]ビューにある構成オプションは、複数のタブに分類されており、各タブには関連するパラメータのセットが表示されています。これらのタブは、すべての構成ファイルへの直接的なアクセスを提供するサービスの[エクスプローラ]ビューとは異なり、サービス構成で最もよく変更されるパラメータを分かりやすいビューで表示しています。…
Load more items