Skip navigation
Log in to follow, share, and participate in this community.

Recent Activity

RSA Information Design and Development
Click to view content    11.5リレー サーバのインストール リレー サーバを構成した場合は、次の手順を実行します。 アップグレードされたEndpoint Serverからリレー サーバのインストーラをダウンロードし、リレー サーバを11.5にアップグレードする必要があります。詳細については、『Endpoint構成ガイド』の「(オプション)リレー サーバのインストールと構成」を参照してください。RSA NetWitness Platform 11.xのすべてのドキュメントの一覧を、 「総合目次」 で確認できます。 次のコマンドを使用して、Endpoint Serverを再起動します。 systemctl restart rsa-nw-endpoint-server…
RSA Information Design and Development
Click to view content    アップグレードは次の順序で実施します。 NW Serverホスト Analyst UIホスト ESAプライマリ ホスト ESAセカンダリ ホスト 残りのコンポーネント ホスト 注: NW Server、Analyst UI、ESAプライマリ、ESAセカンダリ ホストは、すべて同じ日にアップグレードする必要があります。残りのコンポーネント ホストは、次の日以降にアップグレードしても構いません。 NetWitness Platformのすべてのホスト タイプについては、『RSA NetWitness Platform 11.xホストおよびサービス スタート ガイド』を参照してください。RSA NetWitness Platform…
RSA Information Design and Development
    NetWitness Platform 11.5へのアップグレードの準備をするには、次のタスクを実行します。 タスク1:(オプション)レガシー パッケージ リポジトリを削除する このタスクを実行すると、使用されていない以前のリリースのリポジトリをシステムから削除することによってディスク領域を解放することができます。 管理ユーザ インタフェースでホストのリストを確認するか、NW Serverでupgrade-cli-client --listコマンドを実行して、導入環境にある最も古いNetWitness Platformホストのバージョンを確認します。 環境内の最も古いアクティブ ホストのメジャー リリース バージョンよりも古いすべてのバージョンについて、NW…
RSA Information Design and Development
セルフ サポート用のリソースNetWitness Platformのインストールおよび使用について支援が必要な場合は、次の情報をご利用ください。 次の場所でNetWitness Platformのすべてのドキュメントを参照できます。https://community.rsa.com/community/products/netwitness/documentation RSA Linkの[Search]と[Ask it]を使用し、必要な情報を検索できます。https://community.rsa.com/welcome RSA NetWitness…
RSA Information Design and Development
    この付録の手順は、Hybridハードウェアに11.4を新規インストールしたホストで障害が発生した場合、実行する必要はありません。 シリーズ5またはシリーズ6のNetwork Hybridで、11.2.x.x.または11.3.x.x.から11.4にアップグレードし、障害が発生した場合、復旧時にシリーズ5またはシリーズ6 Hybridの/etc/fstabファイルを変更する必要があります。 災害復旧シナリオでの復旧タスクは以下のようになります。 新しいシリーズ5またはシリーズ6 Hybridを、11.4のISOを使用し、Network Hybridとして再イメージ化します。 バックアップしたデータと構成をインポートします(nw-recovery-tool…
RSA Information Design and Development
    このセクションでは、AWS仮想ホスト(VMとも記載)に導入されたNetWitness Platform 11.xのバックアップとリストアの方法について説明します。AWS導入環境での11.xのバックアップおよびリストアには、次の2つの主要なタスクが含まれます。 タスク 1 - データのバックアップとエクスポート タスク 2 - データのリストアとインポート タスク 1 - データのバックアップとエクスポート nw-recovery-tool --exportコマンドを実行して、データをエクスポートします。詳細は、このドキュメントの「災害復旧(バックアップとリストアの手順)」を参照してください。 IPアドレスを記録します。この情報は、災害復旧手順で必要になります。…
RSA Information Design and Development
Click to view content    このセクションでは、Azure仮想ホスト(VMとも記載)に導入されたNetWitness Platform 11.xのバックアップとリストアの方法について説明します。Azure導入環境での11.xのバックアップおよびリストアには、次の2つの主要なタスクが含まれます。 タスク 1 - データのバックアップとエクスポート タスク 2 - データのリストアとインポート タスク 1 - データのバックアップとエクスポート nw-recovery-tool --exportコマンドを実行して、データをエクスポートします。詳細は、このドキュメントの「災害復旧(バックアップとリストアの手順)」を参照してください。 タスク 2 - データのリストアとインポート…
RSA Information Design and Development
Click to view content    NetWitnessリカバリ ツール(NRT)を使用して、NetWitness Serverホストおよびコンポーネント ホストのデータをバックアップおよびリストアすることができます。NRTは、RMA、ハードウェア更新、一般的なバックアップおよびリストアの要件に対応するために、対象ホストのコマンドラインで実行するスクリプトです。Azure VMにデプロイされたホストの災害復旧手順については、「Azure導入環境での災害復旧」を参照してください。 NRTは各ホスト上でローカルに実行する必要があります。リモート ホストや外部ホストから実行することはできません。 次のタイプのホストをバックアップおよびリストアできます。…
RSA Information Design and Development
Click to view content    このトピックでは、[ライセンス]パネルの[設定]タブで構成可能なNetWitness Platformの通知設定について説明します。 ワークフロー このワークフローは、ライセンス管理プロセスの全体像を示しています。 実行したいことは何ですか?                                             ロール 実行したいこと 参照先 管理者 NetWitness Serverの登録 NetWitness Platformユーザ インタフェースからライセンス サーバIDを取得 管理者 NetWitness Serverの同期 サーバの登録(オンライン登録) 管理者 myRSAからの製品ライセンスのインストール…
RSA Information Design and Development
Click to view content    このトピックでは、ライセンスがコンプライアンス違反状態になった場合のワークフローについて説明します。 ワークフロー このワークフローは、ライセンス管理プロセスの全体像を示しています。 実行したいことは何ですか?                                             ロール 実行したいこと 参照先 管理者 NetWitness Serverの登録 NetWitness Platformユーザ インタフェースからライセンス サーバIDを取得 管理者 NetWitness Serverの同期 サーバの登録(オンライン登録) 管理者 myRSAからの製品ライセンスのインストール myRSAへのアクセス 管理者…
Load more items