ESM:アイドル状態のイベント ソースの削除

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Apr 29, 2019
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

イベント ソースのリストを定期的に更新し、使用されなくなったイベント ソースは削除することができます。これを実現するには、Idle Timeパラメータを使用します。

注:このトピックに記載されている情報はRSA NetWitness® Platformバージョン11.2以降に適用されます。

アイドル状態のイベント ソースを削除するには、次の手順に従います。

  1. [管理]>[イベント ソース]に移動します。
  2. 管理]パネルでをクリックします。

    [イベント グループの作成]ダイアログが表示されます。

  3. 任意の名前と説明を入力し、次に示すように、Idle Timeパラメータを使用する条件を追加します。

    この例では、少なくとも60日間アイドル状態のイベント ソースを抽出する条件を設定しています。

  4. 新しいグループを保存し、[グループ]パネルで選択します。
  5. グループ内の一部またはすべてのイベント ソースを選択します。次の画面では、このグループのすべてのイベント ソースが選択されています。

  6. [イベント ソース]パネルでdelete iconをクリックし、選択されているアイドル状態のイベント ソースを削除します。

    確認メッセージが表示されます。

  7. [今すぐ削除]をクリックして、選択されているイベント ソースを削除することを確認します。

今後、削除されたイベント ソースがログを送信した場合は、新しいイベント ソースが作成されます。

You are here
Table of Contents > イベント ソース グループの管理 > アイドル状態のイベント ソースの削除

Attachments

    Outcomes