調査:[列グループ]ダイアログ

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Nov 2, 2020
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

列グループを使用すると、[イベント]ビューと[レガシー イベント]ビューに関連性の高いメタ キーのみが表示されるようイベント リストをフォーマットできます(「イベント リストでの列と列グループの使用」を参照)。調査のイベント リストにイベントが読み込まれると、各列にメタ キーの値が表示されます。イベント リストに表示されるメタ キーの変更は、調査のフォーカスを絞り込むための便利な方法です。たとえば、デフォルトの列グループには、Collection TimeTypeThemeSizeSummaryの列が含まれています。これらは基本的な情報であり、特殊な情報ではありません。[RSA Email Analysis]グループには、メールを調査する際に役立つ情報のみが含まれています。

列グループの定義には、列タイトルとして使用するメタ キー、リスト内での列の位置、列のデフォルトの幅が含まれます。列グループの追加、削除、インポート、エクスポート、編集を行うことができます。新規インストールには、標準提供の列グループが含まれます。標準提供の列グループは、名前が「RSA」で始まり、複製できますが、編集または削除することはできません。また、カスタム列グループを作成することもできます。

  • [列グループの作成]ダイアログは、11.4の[イベント]ビューから開くことができます。このダイアログにアクセスするには、[イベント]ビューのツールバーで[列グループ]>[新しい列グループ]を選択します。
  • [列グループの詳細]ダイアログは、11.4の[イベント]ビューから開くことができます。このダイアログにアクセスするには、[イベント]ビューのツールバーで[列グループ]を選択して、カスタム列グループ名の横の編集アイコン(編集アイコン)をクリックします。
  • [列グループの管理]ダイアログは、[レガシー イベント]ビュー(バージョン11.4)と[イベント]ビュー(バージョン11.4より前)から開くことができます。[列グループの管理]ダイアログには、列幅の設定、インポート、エクスポートという、[列グループの作成]ダイアログではまだ使用できない機能があります。このダイアログにアクセスするには、[調査]レガシー イベント]に移動して、[ビュー]ドロップダウン リストで[列グループの管理]を選択します。[ビュー]ドロップダウン メニューのラベルには、現在選択中のオプション(詳細ビュー、リスト ビュー、ログ ビュー、現在選択されている列グループ名など)が表示されます。
    これは、カスタム列グループのドロップダウンです

列グループを定義したら、調査の他のビューでも使用できます。[ナビゲート]ビューでは、プロファイルを使用して、プロファイルの適用時に使用する列グループを選択できます。[イベント]ビューと[レガシー イベント]ビューでは、[イベント]パネルに適用する列グループを選択できます。

関連トピック

簡単な説明 - [列グループ]メニュー、[列グループの作成]ダイアログ、[列グループの詳細]ダイアログ

このセクションでは、[列グループ]メニュー、[列グループの作成]ダイアログ、[列グループの詳細]ダイアログについて説明します。次の図は、[列グループ]メニューの例です。左側の例では、標準提供の列グループがハイライト表示されているため、情報アイコンが表示されています。ハイライト表示された列グループ(RSA Endpoint Analysis)と選択中の列グループ(RSA Email Analysis)の色の違いに注目してください。右側の例では、カスタムの列グループがハイライト表示されているため、編集アイコンが表示されています。次の表に、オプションの説明を示します。

ハイライト表示されたグループと選択中のグループを示している[列グループ]メニュー カスタム グループが選択された[列グループ]メニュー

                        
機能説明
列グループの絞り込みテキストを入力に合わせて、そのテキストを含んだグループ名のみが表示されるように、列グループのリストを絞り込みます。
列グループ リスト列グループのリストには、カスタム グループと標準提供グループが表示されます。グループ名の前には両者を区別するアイコンが表示されます。2番目の例にある「Custom Column Group A」と「Custom Column Group B」はカスタム列グループです。「RSA」で始まる列グループは標準提供列グループです。
新しい列グループ[列グループの作成]ダイアログを表示します。このダイアログでは、カスタム列グループを作成できます。

次の左側の図に示す[列グループの作成]ダイアログを使用して、カスタム列グループを定義できます。右側の図は、カスタム列グループの編集に使用できる[列グループの詳細]ダイアログを示しています。次の表は、ダイアログ内のフィールドとオプションについて説明したものです。

[列グループの作成]ダイアログ [列グループの詳細]ダイアログ

                                                     
機能説明
削除アイコン [列グループの詳細]ダイアログでカスタム列グループを削除します。このアクションは元に戻すことができず、グローバルに適用されます。削除された列グループは、このサービスでこの列グループを使用しているどのユーザからも使用できなくなります。
グループ名列グループの名前を表示します。64文字以内の一意の名前を指定してください。カスタム列グループの名前を編集する場合は、このフィールドに入力します。
メタ キーの絞り込み入力されたテキストに基づいて、[表示するメタ キー]と[選択可能なメタ キー]のリストを絞り込みます。入力したテキストを含んでいるメタ キーのみが表示されます。
表示するメタ キーカスタム列グループで使用するために選択されたメタ キーのスクロール可能なリストを表示します。[選択可能なメタ キー]リスト内のメタ キーをこのリストに追加したり、メタ キーをこのリストから削除したり(メタ キーの削除アイコン)、メタ キーを上下にドラッグしてこのリストでの順序を変更したりできます(リストの順序アイコン)。
選択可能なメタ キーカスタム列グループで使用するために、(そのサービスで)選択可能なメタ キーのスクロール可能なリストを表示します。これらのメタ キーを[表示するメタ キー]リストに追加できます。メタ キー名の横にある[追加]アイコンをクリックすると、[表示するメタ キー]リストにそのメタ キーが追加されます。

[閉じる]ボタン

ダイアログを閉じます。

列グループを保存[列グループを作成]ダイアログにのみ表示され、新しい列グループを保存します。

リセット

[列グループの詳細]ダイアログにのみ表示され、編集した列グループを前回保存された状態に戻します。

列グループを更新

[列グループの詳細]ダイアログにのみ表示され、編集した列グループに変更を適用します。

列グループを選択

列グループを適用します。

簡単な説明 - [列グループの管理]ダイアログ

[列グループの管理]ダイアログ

[列グループの管理]ダイアログには、[グループ]と[設定]という2つのパネルがあります。ダイアログの下部には、[閉じる]、[キャンセル]、[保存]、[保存して適用]という4つのボタンがあります。

左側のパネルは[グループ]パネルです。ここでは、列グループの追加、削除、インポート、エクスポートを行うことができます。パネルの上部には、ツールバーがあります。ツールバーの下には、追加された列グループのリストが表示され、グループを選択できるようになっています。

次の表は、ツールバーで選択できるアクションを示しています。

                               
操作説明

[追加]アイコン

列グループを追加します。このボタンをクリックすると、右側の[設定]パネルがハイライト表示されます。[設定]パネルでは、列グループに名前をつけたり、メタ キーを追加または削除したりすることができます。グループを追加するには、少なくとも1個のメタ キーが必要です。

[削除]アイコン

列グループを削除します。選択したグループが削除される前に、確認のダイアログが表示されます。標準提供の列グループは削除できません。

複製アイコン

選択された列グループのコピーを作成します。

[インポート]アイコン

[列グループのインポート]ダイアログを表示します。このダイアログでは、アップロードするファイルを選択できます。

[エクスポート]アイコン

選択されたグループをローカル ファイル システムにエクスポートします。

右側のパネルは[設定]パネルです。ここでは、列グループを作成して編集できます。このパネルには、[名前]フィールド、ツールバー、リストがあります。次の表で、[設定]パネルの各機能について説明します。

                                        
機能説明
名前選択した列グループの名前。
[追加]アイコン メタ キーのリストに新しい行を追加します。新しい行では、ドロップダウン メニューを開いて新しいメタ キーを選択できます。
[削除]アイコン 選択されたメタ キーを削除します。削除する前に確認のダイアログを表示します。
リセット列グループを前回保存された設定に戻します。
メタ キー選択した列グループに追加されたメタ キーを一覧表示します。
表示名[ナビゲート]、[イベント]、[イベント分析]の各ビューに表示されるメタ キーの名前を一覧表示します。
各メタ キーの列の幅を指定します。幅には101000の値を設定できます。デフォルトの幅は100です。

次の表にアクション ボタンの説明を示します。

                            
機能説明
閉じる保存しないでダイアログを閉じます。
キャンセル未保存の変更をすべて取り消します。
保存ダイアログを閉じることなく、すべての変更を適用します。
保存して適用すべての変更を保存して、列グループをただちに適用し、ダイアログを閉じます。

You are here
Table of Contents > 調査の参考情報 > [列グループ]ダイアログ

Attachments

    Outcomes