Endpoint移行:はじめに

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Nov 2, 2020
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このガイドでは、既存のNetWitness Endpoint 4.4.0.xをNetWitness Platform 11.3以降に移行する手順について説明します。

移行は大きく分けて次の作業で構成されます。

  • NetWitness Platformの計画と設定。導入環境のサイジングについては、RSAアカウント マネージャにお問い合わせください。サイジング ガイドラインの詳細については、『仮想ホスト インストール ガイド』を参照してください。

  • ファイル ステータス、証明書ステータス、ブロックされたハッシュをNetWitness Endpoint 4.4.0.xからNetWitness Platform 11.3以降にインポート。

    注: NetWitness Endpoint 4.4.0.xのSQLデータベースに保存されたEndpointスキャン データおよび追跡データ、ユーザ、IIOC、カスタム クエリ、不正な証明書、不正なドメイン、不正なIP、不正なファイル ハッシュは移行できません。

  • 4.4.0.xエージェントの11.3以降へのアップグレード。

NetWitness Endpointの新機能の詳細については、『リリース ノート』を参照してください。

移行フローチャート

次のフローチャートは、移行プロセスを示しています。

移行フローチャート

注: 各ステップの手順は、次のセクションで説明します。

ドキュメントのアクセス方法

NetWitness Platform製品ドキュメントは、次のリンクからアクセスできます。

You are here
Table of Contents > はじめに

Attachments

    Outcomes