NRT:付録A.シリーズ6 Hybridストレージ構成データのリストア

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Nov 2, 2020
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

この付録の手順は、Hybridハードウェアに11.4を新規インストールしたホストで障害が発生した場合、実行する必要はありません。

シリーズ5またはシリーズ6のNetwork Hybridで、11.2.x.x.または11.3.x.x.から11.4にアップグレードし、障害が発生した場合、復旧時にシリーズ5またはシリーズ6 Hybridの/etc/fstabファイルを変更する必要があります。

災害復旧シナリオでの復旧タスクは以下のようになります。

  1. 新しいシリーズ5またはシリーズ6 Hybridを、11.4のISOを使用し、Network Hybridとして再イメージ化します。
  2. バックアップしたデータと構成をインポートします(nw-recovery-tool --import)。
  3. 復旧した/etc/fstabファイルを手動で変更します。

障害発生前のetc/fstabファイルの例

11.4にアップグレードしたシリーズ5またはシリーズ6 Hybridの外部ストレージ構成のバックアップの例を示します。

黄色で色付けされた部分はアップグレードされたシステムの内部ストレージです。この構成は、アップグレード時に、前リリースから引き継がれます。内部ストレージのレイアウトは11.4(新規インストール)で変更されました。このため、災害復旧時には、外部ストレージに関する部分(緑で色付け)だけを、新しいetc/fstabファイルにコピーする必要があります。

nw-recovery-tool --exportコマンドを使用してデータまたは構成をエクスポートすると、ストレージの構成は、<back-location>/unmanaged/etc/fstabに保存されます。このfstabファイルには、内部ストレージ(黄色で色付け)と外部ストレージ(緑で色付け)の両方の構成が含まれます。10.6または11.xから11.4にアップグレードされたシリーズ5またはシリーズ6のNetwork Hybridのfstabファイルには、次の例のようなストレージ構成が含まれます。

/dev/mapper/netwitness_vg00-root / xfs defaults 0 0 UUID=906e2a3d-3b59-46d1-975d-fa2b8467d009
/boot xfs defaults 0 0 /dev/mapper/netwitness_vg00-usrhome

/home xfs nosuid 0 0

/dev/mapper/netwitness_vg00-varlog /var/log xfs defaults 0 0

/dev/mapper/netwitness_vg00-nwhome /var/netwitness xfs nosuid,noatime 0 0

/dev/mapper/concentrator-vlnwc /var/netwitness/concentrator xfs noatime,nosuid 0 0

/dev/mapper/index-vlnwci /var/netwitness/concentrator/index xfs noatime,nosuid 0 0

/dev/mapper/concentrator-vlnwcm /var/netwitness/concentrator/metadb xfs noatime,nosuid 0 0

/dev/mapper/concentrator-vlnwcs /var/netwitness/concentrator/sessiondb xfs noatime,nosuid 0 0

/dev/mapper/decoderpacket-vlnwd /var/netwitness/decoder xfs noatime,nosuid 0 0

/dev/mapper/decoderpacket-vlnwdi /var/netwitness/decoder/index xfs noatime,nosuid 0 0

/dev/mapper/decodermeta-vlnwdm /var/netwitness/decoder/metadb xfs noatime,nosuid 0 0

/dev/mapper/decoderpacket-vlnwdp /var/netwitness/decoder/packetdb xfs noatime,nosuid 0 0

/dev/mapper/decoderpacket-vlnwds /var/netwitness/decoder/sessiondb xfs noatime,nosuid 0 0

/dev/mapper/netwitness_vg00-swap swap swap defaults 0 0

/var/netwitness/decoder /var/netwitness/logdecoder none defaults,rbind 0 0

/dev/concentrator0/sessiondb /var/netwitness/concentrator/sessiondb0 xfs noatime,nosuid 1 2

/dev/concentrator0/metadb /var/netwitness/concentrator/metadb0 xfs noatime,nosuid 1 2

/dev/decoder0/packetdb /var/netwitness/decoder/packetdb0 xfs noatime,nosuid 1

復旧後のetc/fstabファイルの例 - 変更前

11.4 ISOを使用して11.4をインストールした後、リカバリ ツールを実行して以前の構成をリストアすると、/etc/fstabファイルは次の例のようになります。

#
# /etc/fstab

# Created by anaconda on Thu Dec 5 17:31:26 2019

#

# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'

# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info

#

/dev/mapper/netwitness_vg00-root / xfs defaults 0 0

UUID=d84db66c-fce6-4fec-9f84-b3449861f664 /boot xfs defaults 0 0

/dev/mapper/netwitness_vg00-usrhome /home xfs nosuid 0 0

/dev/mapper/netwitness_vg00-varlog /var/log xfs defaults 0 0

/dev/mapper/netwitness_vg00-nwhome /var/netwitness xfs nosuid,noatime 0 0

/dev/mapper/netwitness_vg00-swap swap swap defaults 0 0

/dev/hybrid-decoder-meta/decoroot /var/netwitness/decoder xfs noatime,nosuid 1 2

/dev/packet/packetdb /var/netwitness/decoder/packetdb xfs noatime,nosuid 1 2

/dev/hybrid-concentrator/root /var/netwitness/concentrator xfs noatime,nosuid 1 2

/dev/index/index /var/netwitness/concentrator/index xfs noatime,nosuid 1 2

外部ストレージの構成が含まれていないことがわかります。前段の外部ストレージの構成(緑で色付け)を新しく導入したHybridの/etc/fstab ファイルに追加する必要があります。

復旧後のetc/fstabファイルの例 - 変更後

更新後の/etc/fstabは次の例のようになります。

#

# /etc/fstab

# Created by anaconda on Thu Dec 5 17:31:26 2019

#

# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'

# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info

#

/dev/mapper/netwitness_vg00-root / xfs defaults 0 0

UUID=d84db66c-fce6-4fec-9f84-b3449861f664 /boot xfs defaults 0 0

/dev/mapper/netwitness_vg00-usrhome /home xfs nosuid 0 0

/dev/mapper/netwitness_vg00-varlog /var/log xfs defaults 0 0

/dev/mapper/netwitness_vg00-nwhome /var/netwitness xfs nosuid,noatime 0 0

/dev/mapper/netwitness_vg00-swap swap swap defaults 0 0

/dev/hybrid-decoder-meta/decoroot /var/netwitness/decoder xfs noatime,nosuid 1 2

/dev/packet/packetdb /var/netwitness/decoder/packetdb xfs noatime,nosuid 1 2

/dev/hybrid-concentrator/root /var/netwitness/concentrator xfs noatime,nosuid 1 2

/dev/index/index /var/netwitness/concentrator/index xfs noatime,nosuid 1 2

/dev/concentrator0/sessiondb /var/netwitness/concentrator/sessiondb0 xfs noatime,nosuid 1 2

/dev/concentrator0/metadb /var/netwitness/concentrator/metadb0 xfs noatime,nosuid 1 2

/dev/decoder0/packetdb /var/netwitness/decoder/packetdb0 xfs noatime,nosuid 1

Previous Topic:AWSでの災害復旧
You are here
Table of Contents > 付録 A.復旧後のシリーズ5および6 Hybridでのfstabの変更

Attachments

    Outcomes