11.4.1リリース ノート:サポートされなくなった機能

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Nov 2, 2020
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

次の表は、RSA NetWitness Platform 11.3以降サポートされなくなった機能について説明しています。このリストは完全ではありません。追加の情報は、『 Release Notes for RSA NetWitness Platform 11.3』などの、以前のバージョンのリリース ノートを参照してください。

 

11.3.0.0 以降でサポートされなくなった機能

                    
機能メモ

11.2以前のEvent Stream Analysisサービスの機能の一部

Event Stream Analysisサービス( 11.2以前)の次の機能はRSA Correlationサービス( 11.3以降)では提供されません。

  1. 評価版ルールのメモリ スナップショット
  2. ESAのSNMP通知
  3. エンリッチメント ソースとしてのデータベースの使用(Context Hubリストにより置換)
  4. エンリッチメ ント ソースとしての Warehouse Analyticsの使用( Context Hubリストにより置換)
  5. エンリッチメント ソースとしてのデータベース接続の使用( Context Hubリストにより置換)
  6. エンリッチメント ソースとしての自動更新インメモリ テーブルの使用( Context Hubリストにより置換)
  7. キャプチャ時間による並べ替え
  8. メモリ プール
Endpoint Hybrid11.3.0.0以降では、「 Endpoint Hybrid」ホスト タイプはサポートされません。 「 Endpoint Log Hybrid」 に 置き換 わ り ま し た 。

Previous Topic:既知の問題
You are here
Table of Contents > サポートされなくなった機能

Attachments

    Outcomes