アップグレード ガイド11.4:アップグレードの概要

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Nov 2, 2020
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

RSA NetWitness Platform 11.4.0.0には、Platformのすべての製品の機能拡張と修正が含まれています。Platformのコンポーネントは次のとおりです:NetWitness Server(Admin server, Config server, Integration server, Investigate server, Orchestration server, Respond server, Security sever, Source server)、Archiver、Broker、Concentrator、Context Hub、Decoder、Endpoint Broker、Endpoint Log Hybrid、ESAプライマリ、ESAセカンダリ、Health & Wellness Beta、Log Collector、Log Decoder、Log Hybrid、Log Hybrid Retention、Malware Analysis、Network Decoder、Network Hybrid、Reporting Engine、UEBA、Warehouse Connector

注: Reporting EngineはNetWitness Server(NW Server)ホストにインストールされ、WorkbenchはArchiverホストにインストールされ、Warehouse ConnectorはDecoderまたはLog Decoderホストにインストールすることができます。

特に記載のない限り、このガイド内の手順は物理ホストと仮想ホスト(AWSとAzure Public Cloudを含む)のどちらにも適用されます。

アップグレード パス

NetWitness Platform 11.4.0.0では、以下のアップグレード パスがサポートされます。

  • RSA NetWitness Platform 11.2.x.xから11.4.0.0
  • RSA NetWitness Platform 11.3.0.xから11.4.0.0
  • RSA NetWitness Platform 11.3.1.xから11.4.0.0
  • RSA NetWitness Platform 11.3.2.xから11.4.0.0

RSA NetWitness Platform 11.xのすべてのドキュメントの一覧を、 総合目次 で確認できます。
NetWitness Platformバージョン10.6.6.xからアップグレードする場合は、11.3.0.2にアップグレードしてから、11.4にアップグレードする必要があります。10.6.6.xから11.3.0.2にアップグレードする手順については、『RSA NetWitness Platform物理ホスト アップグレード ガイド(10.6.6.xから11.3)』と『RSA NetWitness Platform仮想ホスト アップグレード ガイド(10.6.6.xから11.3)』を参照してください。

次のマトリックスは、サポートされているすべてのアップグレード パスを示しています。

アップグレード マトリックス

混在モード

混在モードは、最新バージョンにアップグレードされたサービスと、古いバージョンのままのサービスが混在するときに生じます。詳細については、『RSA NetWitness Platformホストおよびサービス スタート ガイド』の「混在モードでの実行」を参照してください。

ESAルールの導入環境に関するアップグレードの考慮事項

注意: NetWitness Platform 11.3以降のバージョンでは、ESA Correlationサービスの変更により、移行したESAルール導入環境のデータ ソースを変更する必要があります。新しいESA Correlationサービスは、11.2.x.xバージョンのEvent Stream Analysisサービスに代わるものです。

11.2.x.xから11.4にアップグレードする場合、移行したESAルール導入環境は、次のように変更されます。

  1. 11.4にアップグレードする前にESAルール導入環境に2つのサービスが含まれている場合は、導入環境が2つの導入環境に分割されます。バージョン11.4のESAルール導入環境には、ESA Correlationサービスを1つだけ指定することができます。
  2. 11.4にアップグレードする前に1つのESAサービスが、複数のESAルール導入環境で使用されている場合、バージョン11.4では1つの導入環境に統合されます。

古い導入環境には引き続きアクセスできます。詳細な例については、『RSA NetWitness Platform 11.4 ESA構成ガイド』を参照してください。

[イベント]ビューの列グループに対する変更

[イベント]ビューにロードする結果の一貫性を高めるため、列グループの列数は40個に制限されます。

11.4にアップグレードした後、[レガシー イベント]ビューから[イベント]ビューに移行された列グループは40列を上回っても機能します。ただし、これらのグループを編集すると、列数を40以下に減らすよう警告が表示されます。

製品ドキュメントに関するフィードバック

NetWitness Platformのドキュメントに関するフィードバックは、sahelpfeedback@emc.comまでメールで送信してください。

カスタマ サポートへのお問い合わせ

質問や支援が必要な場合は、以下の連絡先までお問い合わせください。

                             
RSA Linkhttps://community.rsa.com/
メールsupport@rsa.com
各国のお問い合わせ先http://japan.emc.com/support/rsa/contact/phone-numbers.htm
コミュニティhttps://community.rsa.com/community/rsa-customer-support
ベーシック サポート

技術的な問題に対するテクニカル サポートは、月曜日から金曜日まで、現地時間の午前9時から午後5時までご利用いただけます。

拡張サポート拡張サポートは、新規の重大度1の問題について24時間365日のテクニカル サポートを提供します。

You are here
Table of Contents > 概要

Attachments

    Outcomes