Skip navigation
Log in to create and rate content, and to follow, bookmark, and share content with other members.

アップグレード11.5:付録A.CLIを使用したオフライン アップグレード

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Dec 7, 2020Last modified by RSA Information Design and Development Employee on Dec 7, 2020
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

この方式は、NW ServerがLiveサービスに接続されていない場合に使用できます。

前提条件

RSA Link(https://community.rsa.com/)>[NetWitness Platform]>[RSA NetWitness Logs and Network]>[Downloads]>[RSA Downloads]からローカル ディレクトリにnetwitness-11.5.0.0.zipファイルをダウンロードしておく必要があります。

手順

NW Serverホストとコンポーネント ホストで、アップグレード手順を実行する必要があります。

注: PDFからコマンドをコピーしてLinux SSHターミナルにペーストしても、正しく入力できません。コマンドを直接入力してください。

  1. 11.5.0.0のファイルをステージングして、アップグレードの準備をします。
    • NW Serverにrootとしてログインして、次のディレクトリを作成します。

      /tmp/upgrade/11.3.0.0

      /tmp/upgrade/11.5.0.0
      次に、パッケージZipファイルをNW Serverの/rootディレクトリにコピーし、次のコマンドを使用して/rootから作成したディレクトリに解凍します。unzip netwitness-11.5.0.0.zip -d /tmp/upgrade/11.5.0.0
  2. 注: 作成したステージング ディレクトリに.zipファイルをコピーし、その場所で解凍した場合は、解凍後、元の.zipファイルを忘れずに削除してください。

  3. 次のコマンドを使用して、アップグレードの初期化を実行します。
    upgrade-cli-client –-init --version 11.5.0.0 --stage-dir /tmp/upgrade

  4. 次のコマンドを使用して、NW Serverホストをアップグレードします。
    upgrade-cli-client –-upgrade --host-<ID, name or address> <ID / display name / (hostname/ IP address)> --version 11.5.0.0
  5. NW Serverホストのアップグレードが成功したら、NetWitness Platformユーザ インタフェースの[ホスト]ビューからホストを再起動します。
  6. 各コンポーネント ホストに対して、ステップ3とステップ4を繰り返します。コマンドのIPアドレスは、アップグレードするコンポーネント ホストのIPアドレスに変更します。

注: NW Serverホストでupgrade-cli-client --listコマンドを実行すると、すべてのホストのバージョンをチェックすることができます。upgrade-cli-clientのヘルプを表示するには、upgrade-cli-client --helpコマンドを使用します。

注: アップグレード中に次のエラーが表示されることがあります。
2017-11-02 20:13:26.580 ERROR 7994 — [ 127.0.0.1:5671] o.s.a.r.c.CachingConnectionFactory : Channel shutdown: connection error; protocol method: #method<connection.close>(reply-code=320, reply-text=CONNECTION_FORCED - broker forced connection closure with reason 'shutdown', class-id=0, method-id=0)
エラーが表示されても、アップグレードは正常に完了します。何のアクションを取る必要もありません。ホストを新しいバージョンに更新する際に他のエラーが発生した場合は、カスタマ サポートにお問い合わせください。

CLIによるアップグレードのための外部リポジトリの準備

  1. 11.5.0.0のファイルをステージングして、アップグレードの準備をします。
    • NW Serverにrootとしてログインして、次のディレクトリを作成します。

      /tmp/upgrade/11.3.0.0

      /tmp/upgrade/11.5.0.0
      次に、パッケージZipファイルをNW Serverの/rootディレクトリにコピーし、次のコマンドを使用して/rootから作成したディレクトリに解凍します。unzip netwitness-11.5.0.0.zip -d /tmp/upgrade/11.5.0.0
  2. 注: 作成したステージング ディレクトリに.zipファイルをコピーし、その場所で解凍した場合は、解凍後、元の.zipファイルを忘れずに削除してください。

  3. 次のコマンドを使用して、アップグレードの初期化を実行します。
    upgrade-cli-client –-init --version 11.5.0.0 --stage-dir /tmp/upgrade
  4. 次のコマンドを使用して、NW Serverホストをアップグレードします。
    upgrade-cli-client –-upgrade --host-<ID, name or address> <ID / display name / (hostname/ IP address)> --version 11.5.0.0
  5. NW Serverホストのアップグレードが成功したら、NetWitness Platformユーザ インタフェースの[ホスト]ビューからホストを再起動します。
  6. 各コンポーネント ホストに対して、ステップ3とステップ4を繰り返します。コマンドのIPアドレスは、アップグレードするコンポーネント ホストのIPアドレスに変更します。

注: NW Serverホストでupgrade-cli-client --listコマンドを実行すると、すべてのホストのバージョンをチェックすることができます。upgrade-cli-clientのヘルプを表示するには、upgrade-cli-client --helpコマンドを使用します。

注: アップグレード中に次のエラーが表示されることがあります。
2017-11-02 20:13:26.580 ERROR 7994 — [ 127.0.0.1:5671] o.s.a.r.c.CachingConnectionFactory : Channel shutdown: connection error; protocol method: #method<connection.close>(reply-code=320, reply-text=CONNECTION_FORCED - broker forced connection closure with reason 'shutdown', class-id=0, method-id=0)
エラーが表示されても、アップグレードは正常に完了します。何のアクションを取る必要もありません。ホストを新しいバージョンに更新する際に他のエラーが発生した場合は、カスタマ サポートにお問い合わせください。

Previous Topic:新機能の有効化
You are here
Table of Contents > 付録 A.CLIを使用したオフライン アップグレード

Attachments

    Outcomes