Skip navigation
Log in to create and rate content, and to follow, bookmark, and share content with other members.

アップグレード ガイド11.5:アップグレード準備タスク

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Dec 7, 2020Last modified by RSA Information Design and Development Employee on Dec 7, 2020
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

NetWitness Platform 11.5へのアップグレードの準備をするには、次のタスクを実行します。

タスク1:(オプション)レガシー パッケージ リポジトリを削除する

このタスクを実行すると、使用されていない以前のリリースのリポジトリをシステムから削除することによってディスク領域を解放することができます。

  1. 管理ユーザ インタフェースでホストのリストを確認するか、NW Serverでupgrade-cli-client --listコマンドを実行して、導入環境にある最も古いNetWitness Platformホストのバージョンを確認します。
  2. 環境内の最も古いアクティブ ホストのメジャー リリース バージョンよりも古いすべてのバージョンについて、NW Server上の/var/netwitness/common/repo/<version>からパッケージ リポジトリ フォルダを安全に削除できます。
    • 最も古いホストのバージョンが11.4.x.x(11.4.1.0など)の場合は、11.0.x.x、11.1.x.x、11.2.x.x、11.3.x.xの各リポジトリ フォルダを安全に削除できます。ただし、バージョン11.4.0.0以降のリポジトリは削除しないでください。
    • 最も古いホストのバージョンが11.3.x.xの場合は、11.0.x.x、11.1.x.x、11.2.x.xの各リポジトリ フォルダを安全に削除できます。ただし、バージョン11.3.0.0以降のリポジトリは削除しないでください。

タスク2:(オプション)Respond正規化スクリプトのカスタマイズをカスタム ファイルに追加する

注: このタスクは、NetWitness Platformバージョン11.4.x.xから11.5.0.0へのアップグレードに適用されます。

11.4から11.5.xにアップグレードする場合、カスタマイズは個別のcustom_normalizeスクリプト ファイルに追加されるため、正規化スクリプト ファイルはバックアップされません。これらのスクリプト ファイルは、/var/lib/netwitness/respond-server/scriptsディレクトリにあります。カスタマイズを実施した場合は、customのプレフィックスが付いた正規化ファイルに追加してください。

Previous Topic:サポート情報
You are here
Table of Contents > アップグレード準備タスク

Attachments

    Outcomes