Archiver:ステップ1:Workbenchサービスの追加

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 15, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

Security Analytics Workbenchサービスを使用すると、Archiverのオフライン(Cold)ストレージからリストアされたデータでコレクションを作成することができます。

この手順は、Workbenchサービスがインストールされていない場合にのみ必要です。

前提条件

Archiverホストを追加し、ライセンスを適用したことを確認します。

手順

注:この手順は、Workbenchサービスがインストールされていない場合にのみ必要です。

Workbenchサービスを追加するには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。
  2. サービス]パネルで、Workbench]を選択します。 
    次のように、[サービスの追加]ダイアログが表示されます。
    AddSrvDg.png
  3. 次の詳細情報を入力します。                   
    フィールド説明
    ホストArchiverホストを選択します。
    名前サービスの名前を入力します。
    ポートデフォルトのポートは50007です。
    SSLSecurity Analyticsとサービスの通信にSSLを使用する場合は、[SSL]を選択します。暗号化とSSL証明書による認証によってデータ転送のセキュリティが実装されます。

    注:SSLを選択する場合は、[システム構成]パネルでSSLが有効化されていることを確認します。

    ユーザー名(オプション)サービスに対するユーザー名を入力します。
    パスワード(オプション)サービスに対するパスワードを入力します。
  4. Security Analyticsからサービスへの接続を確認するには、[接続のテスト]をクリックします。
  5. テストに成功したら、[保存]をクリックします。
    追加されたサービスが[サービス]パネルに表示されます。

注:テストが失敗した場合は、サービスの情報を編集し、再試行します。

You are here
Table of Contents > 追加の手順 > データのバックアップとリストアの構成 > ステップ1:Workbenchサービスの追加

Attachments

    Outcomes