Context Hub:リストのインポートまたはエクスポート

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 15, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、管理者向けにContext Hubで構成したリストをインポートまたはエクスポートする方法を説明します。インポートまたはエクスポートするファイルは、CSVファイルにする必要があります。 

管理者のロールを持つユーザーは、アナリストが使用できるように、リストをインポートしたりエクスポートしたりできます。

注:リストとしてインポートするCSVファイルは、単一の列で構成されている必要があります。

前提条件

Context Hubが有効化されていて、Security Analyticsの[Administration]>[サービス]ビューでサービスが使用できることを確認してください。

手順

Context Hubのリストのインポート

リストをインポートするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。
    [サービス]ビューが表示されます。
  2. サービス]パネルで、Context Hubサービスを選択し、settings.png>[表示]>[構成]をクリックします。
    Context Hubサービスの[構成]ビューが表示されます。
  3. リスト]タブをクリックします。
    [リスト]タブには、[リスト]パネルと[リスト値]パネルがあります。
    F-Conf-List-ds.png
  4. リスト]パネルのic-Import.pngをクリックします。
    リストのインポート]ダイアログが表示されます。
    F-import-list.png
  5. リストのインポート]ダイアログで、次の手順を実行します。
    1. ファイルのアップロード(CSV)]フィールドで、CSVファイルを参照して選択します。
    2. 改行コード]フィールドで、リストの値を区切る区切り文字を選択します。[Comma]、[CR](キャリッジ リターン)、[LF](改行)のオプションから選択できます。
  6. アップロード]をクリックしてSecurity AnalyticsにCSVファイルをアップロードします。 

リストがSecurity Analyticsにインポートされます。これらのリストは、コンテキスト情報を取得するデータ ソースとして考慮されます。

リストのリスト値のインポート

リストのリスト値をインポートするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。
    [サービス]ビューが表示されます。
  2. サービス]パネルで、Context Hubサービスを選択し、settings.png>[表示]>[構成]をクリックします。
    Context Hubサービスの[構成]ビューが表示されます。
  3. リスト]タブをクリックします。
    [リスト]タブには、[リスト]パネルと[リスト値]パネルがあります。
  4. [リスト]パネルで、値をインポートするリストを選択します。
  5. リスト値]パネルのic-Import.pngをクリックします。
    リストのインポート]ダイアログが表示されます。
  6. リストのインポート]ダイアログで、次の手順を実行します。
    1. ファイルのアップロード(CSV)]フィールドで、CSVファイルを参照して選択します。
    2. 改行コード]フィールドで、リストの値を区切る区切り文字を選択します。[Comma]、[CR](キャリッジ リターン)、[LF](改行)のオプションから選択できます。

    注:リスト値は、リストを保存した後にのみインポートできます。[リスト値]パネルのインポート ボタン(ic-Import.png)は、リストが保存されていないときは無効になります。

  7. アップロード]をクリックしてSecurity AnalyticsにCSVファイルをアップロードします。

選択したリストにリスト値がインポートされます。これらのリストは、コンテキスト情報を取得するデータ ソースとして考慮されます。

Context Hubのリストのエクスポート

リストをエクスポートするには、次の手順を実行します。

  1. Context Hubサービスの[構成]ビューにある[リスト]タブで、をクリックします。
    エクスポート]ダイアログが表示されます。
    10.6Export.png
  2. 改行コード]フィールドで、エクスポートしたリストの値を区切る区切り文字を選択します。[Comma]、[CR](キャリッジ リターン)、[LF](改行)のオプションから選択できます。
  3. Export(エクスポート)]をクリックします。

リストがCSVファイルとしてローカル マシンにエクスポートされます。

You are here
Table of Contents > 追加の手順 > Context Hubのリストのインポートとエクスポート

Attachments

    Outcomes