Context Hub:[データ ソース]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 15, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、Context Hubサービスの[サービス]の[構成]ビューにある[データ ソース]タブの機能について説明します。

Context Hubの[サービス]の[構成]ビュー>[データ ソース]タブは、Context Hubサービスのデータ ソースの構成に使用します。

このタブにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。
    [サービス]ビューが表示されます。
  2. [サービス]パネルで、Context Hubサービスを選択し、settings.png>[表示]>[構成]をクリックします。
    Context Hubの[サービス]の[構成]ビューが表示され、[データ ソース]タブが表示されます。
    F-DS-tab.png

機能

次の表に、[データ ソース]タブの機能を示します。

                                               
機能説明
ic-add.png [データ ソースの追加]ダイアログが開き、データ ソースを追加できます。データ ソースはタイプごとに1つだけ追加できます。データ ソースを追加する詳細な手順については、次のトピックを参照してください:ステップ2:Context Hubのデータ ソースの構成.
ic-delete.png データ ソースを削除します。 
データ ソースを削除すると、Context Hubは削除したサービスをデータ ソースとみなしません。それまでにフェッチされたすべてのコンテキスト情報が使用できなくなります。
ic-edit.png [データ ソースの編集]ダイアログが開きます。[データ ソースの編集]パネルの各フィールドについては、次のトピックを参照してください: ステップ2:Context Hubのデータ ソースの構成.
ic-actns2.png [レスポンスの構成]ダイアログが開きます。データ ソースのレスポンスを表示および編集できます。
たとえば、Incident Managementデータ ソースからコンテキスト情報をフェッチする場合、レスポンスとしてアラートとインシデントを取得できます。[レスポンスの構成]パネルの各フィールドの詳細については、次のトピックを参照してください: ステップ2:Context Hubのデータ ソースの構成.
有効化データ ソースが有効か無効かを示します。緑色で塗りつぶされた丸は、データ ソースが有効になっていることを示します()。塗りつぶされていない白い丸は、データ ソースが無効になっていることを示します。
タイプデータ ソースのタイプ。たとえば、Incident ManagementやECATなどがあります。
名前データ ソースを識別する一意の名前。たとえば、Incident Managementなどです。
アドレスデータ ソースのIPアドレスまたはホスト名。 
ポートデータ ソースの接続ポート。 
You are here
Table of Contents > Context Hubサービスの参考資料 > Context Hubの[データ ソース]タブ

Attachments

    Outcomes