Context Hub:ステップ2:データ ソースの構成

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 15, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

この処理手順は、Context Hubのデータ ソースを追加し、データ ソースのレスポンス タイプを構成する際に必要となります。サポートされるデータ ソース(Incident Management、ECAT、カスタム リスト)を追加することで、コンテキスト情報の検索が可能になります。

前提条件

Context Hubが有効化されていることを確認してください。

手順

次の手順を実行します。

You are here
Table of Contents > 基本的な設定 > ステップ2:Context Hubのデータ ソースの構成

Attachments

    Outcomes