Context Hub:[リスト]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 15, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、Context Hubの[サービス]の[構成]ビュー>[リスト]タブの機能について説明します。

Context Hubサービスの[リスト]タブでは、1つ以上のリストを作成し、リストに値を追加できます。これらのリストは、自動的にContext Hubサービスのデータ ソースとみなされます。

注:リストの作成やリスト値の追加は、Investigationビューからも実行できます。詳細な手順については、「InvestigationおよびMalware Analysisガイド」の「Investigationでのリストとリスト値の管理」を参照してください。

このタブにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。

    [サービス]ビューが表示されます。

  2. [サービス]パネルで、Context Hubサービスを選択し、settings.png>[表示]>[構成]をクリックします。

    Context Hubの[サービス]の[構成]ビューが表示されます。

  3. リスト]タブをクリックします。

    [リスト]パネルが表示されます。

    F-Conf-List-ds.png

機能

[リスト]タブは、[リスト]パネルと[リスト値]パネルで構成されます。[リスト]パネルのツールバーには、リストを追加、削除、インポート、エクスポートするためのオプションがあります。[リスト名]の下に、Context Hubサービス用に追加またはインポートされたリストの一覧が表示されます。 
リスト値]パネルのツールバーには、選択したリストのリスト値を追加、削除、インポートするためのオプションがあります。[]の下に、リストに含まれる値の一覧が表示されます。

次の表に、Context Hubの[サービス]の[構成]ビューにある[リスト]タブの機能を示します。

                                       
機能説明
ic-add.png 新しいリストを追加します。
詳細は、次のトピックを参照してください:Context Hubのデータ ソースとしてのリストの構成.
ic-delete.png リストを削除します。
Context Hubからリストを削除すると、そのリストはコンテキスト情報のデータ ソースとみなされなくなります。
 ic-Import.pngContext Hubにリストをインポートします。詳細は、次のトピックを参照してください:Context Hubのリストのインポートとエクスポート.
 ic-export.pngローカル マシンにリストをエクスポートします。詳細については、次のトピックを参照してください:Context Hubのリストのインポートとエクスポート.
リスト名リストを識別する一意な名前。
説明リストの説明。
保存保存してダイアログを閉じます。

次の表に、[リスト]タブの[リスト値]セクションの機能を示します。

                           
パラメータ説明
ic-add.png 選択したリストに新しいリスト値を追加します。
ic-delete.png リストから1つ以上のリスト値を削除します。 
 ic-Import.png選択したリストにリスト値をインポートします。
保存保存してダイアログを閉じます。
You are here
Table of Contents > Context Hubサービスの参考資料 > Context Hubの[リスト]タブ

Attachments

    Outcomes