Decoder:Wireless LAN構成

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 15, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、[サービス]の[構成]ビュー>[ファイル]タブに表示される、Decoder用のWireless LAN構成ファイルについて説明します。

wlan-config.xml

[サービス]の[構成]ビュー>[ファイル]タブで編集可能なファイルの1つにWireless LAN構成ファイルwlan-config.xmlがあります。

802.11 Parserを制御。このファイルは、Decoderによって収集された802.11フレームの復号化を制御します。このファイルはオプションです。802.11トラフィックの復号化が不要な場合は、このファイルを作成する必要はありません。

Wireless LANパケット収集に関連する5つのリンク レベルParserがあります。

  • IEEE 802.11 Parser (データ フレームとビーコンのみ)
  • Radiotap 802.11ヘッダ
  • AVS(Absolute Value Systems)802.11ヘッダ付き
  • Prism II 802.11ヘッダ
  • CACE PPI(Per Packet Information)w/ 802.11ヘッダ

NetWitnessバージョン9.8から導入された802.11 Wireless Parserではすべて、単一の構成ファイルを共有します。このwlan‐config.xmlファイルは、ユーザーがネットワークで使用する可能性があるすべてのWireless アクセス ポイントを定義するために使用されるもので、その主な目的は復号化を制御することです。このファイルにアクセス ポイントのBSSID、および権限があるSSIDが追加され、さらにアクセス ポイントによって使用されるすべてのアクティブ デフォルト キーも付加されます。

詳細については、NextGen System Administrator GuideのWirelessパケットの収集に関するセクションを参照してください。

You are here
Table of Contents > 参考資料 > [サービス]の[構成]ビュー:[ファイル]タブ > Wireless LAN構成

Attachments

    Outcomes