Decoder:ログ関数

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 15, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、Flex Parserのログ関数に関する言語の定義を示します。

ログ関数は、Flex Parserがシステム ログに書き込みを行うための手段です。ログ関数は新しいFlex Parserを作成する場合に特に便利ですが、Flex Parserが本番システムに導入されている場合は最小限に抑える必要があります。

言語の定義

                                                  
ノード名属性名説明
failure ログ レベルを[失敗]に設定してメッセージをシステム ログに記録します。
 ログ メッセージとして含める文字列。
warning ログ レベルを[警告]に設定してメッセージをシステム ログに記録します。
 ログ メッセージとして含める文字列。
info ログ レベルを[情報]に設定してメッセージをシステム ログに記録します。
 ログ メッセージとして含める文字列。
debug ログ レベルを[デバッグ]に設定してメッセージをシステム ログに記録します。
 ログ メッセージとして含める文字列。
Previous Topic:汎用関数
Next Topic:ノード
You are here
Table of Contents > 参考資料 > [サービス]の[構成]ビュー:[ファイル]タブ > Flex Parser > ログ関数

Attachments

    Outcomes