ESM:イベント ソースのエクスポート

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 15, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

イベントソース全体または一部を、対応する属性と一緒にCSVファイルにエクスポートできます。

次の点に注意してください。

  • エクスポートされるCSVにはすべての属性が含まれます。
  • エクスポートされるCSVの先頭行はヘッダー行で、各列の名前がリストされます。
  • 1つのグループ内のすべてのイベント ソースをエクスポートできます。
  • すべてのイベント ソースをエクスポートできます(Allグループを選択)。
  • イベント ソースを選択し、選択したイベント ソースだけをエクスポートできます。

イベント ソースのエクスポート

イベント ソースをエクスポートするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[イベント ソース]を選択します。
  2. 管理]タブを選択します。

    [イベント ソースの管理]タブが表示されます。

    esm_manage.png

  3. エクスポートするイベント ソースが含まれるグループを選択します。
  4. 必要なイベント ソースをすべて選択します。あるいはグループ全体をエクスポートすることができます。グループ全体をエクスポートする場合は、個々のイベント ソースを選択する必要はありません。
  5. ツールバーの[インポート/エクスポート]メニュー(esm_impExIcon.png)から、[エクスポート(.csv)]または[グループのエクスポート(.csv)]を選択します。

    [イベント ソースのエクスポート]ダイアログが表示されます。

    esm_export2.png

  6. ファイル名を入力し、[エクスポート]をクリックします。

イベント ソースの属性が、名前を指定したファイルにCSV形式で保存されます。

You are here
Table of Contents > イベント ソース グループの管理 > イベント ソースのエクスポート

Attachments

    Outcomes