ESA構成:ステップ4:別のESAのContext Hubに接続するためのESAの構成

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 15, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、別のESA上のContext Hubに接続するようにESAを構成する方法を管理者向けに説明します。Security Analyticsのインストールあたり1つだけのContext Hubをインストールできます。ESAが複数あり、Context Hubを実行している場合、Context HubのないESAが別のESA上のContext Hubと通信できる必要があります。 

前提条件

複数のESAおよびContext Hubを実行している必要があります。

手順

別のESAのContext Hubに接続するようにESAを構成します。 

  1. Context Hubサービスを実行しているESAのIPアドレスをメモします。
  2. [Administration]>[サービス]から、Context Hubを実行していないESAを選択し、>[表示]>[エクスプローラ]を選択します。 
  3.  左側のパネルで、[Service]>[ContextHub]に移動し、[contextHubTransport]を選択します。
  4. Host]フィールドを編集して、ドメイン名またはContext Hubサービスを実行しているESAのIPアドレスを示します。

結果

ESAは別のESAサービス上のContext Hubに接続します。

You are here
Table of Contents > ESAの構成 > ステップ4:別のESAのContext Hubに接続するためのESAの構成

Attachments

    Outcomes