SA:ビューに共通する要素

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

Security Analyticsメニューに表示されるSecurity Analyticsモジュール(Administration、Investigation、Live、Alerts、Reportsなど)はビューと呼ばれ、各ビューはそのモジュール特有の機能を提供します。さらに、Security Analyticsメニューから直接アクセスできる[プロファイル]ビューがあり、ユーザー環境設定のオプションが表示されます。

ビューを表示するには、Security Analyticsメニューからモジュールを選択します。たとえば、Security Analyticsメニューで[Administration][Investigation][Live]などを選択します。  メニュー上でモジュールにカーソルを合わせると、サブ メニューが表示され、ビューを選択することができます。Security Analyticsツールバーからモジュール内の別のビューを選択できます。たとえば、Administrationには、[ホスト]、[サービス]、[イベント ソース]、[ヘルスモニタ]、[システム]、[セキュリティ]という6個のビューがあります。 

この例は、[Administration]の[ホスト]ビューの一部の機能を示しています。

AdmHostVw.png

機能

各ビューにはさまざまな機能があります。ビュー内でこれらの機能を組み合わせて使用できます:

  • ツールバー
  • セクション
  • パネル:オプション パネルとノード ツリーという、2種類の特殊なパネルがあります
  • タブ
  • 階層リンク
  • グリッドまたは表
  • コンテキスト メニュー

ビュー内の一般的なパーツの名前を次の図に示します。 

H&WLabel.png

AdmSrv56Label.png

AdmSysLabel.png

AdmSrv8Label.png 

次の表は、前の図に示した各パーツの機能について説明したものです。

                                           
番号機能説明
1タブパネルの機能を見やすく容易にアクセスできるグループに分けてまとめます。これにより、すべてを表示するためにページを下にスクロールする必要がありません。パネルに多くのオプションがある場合、タブによってパネル内の適切なオプションのグループに容易に移動できます。
2ツールバーツールバーはビュー全体や、セクションごと、パネルごとに表示されることがあります。
3、4セクション(上から下)パネル内で、一部のダッシュボードにはセクションがあり、上から下に情報が整理されています。たとえば、[サービス情報]ビューの[サービス]パネルには2つのセクションがあります。上部が[サービス]セクションで、下部が[セッション情報]セクションです。パネルの下部にあるセクションを表示するために、下方向へのスクロールが必要になる場合があります。
5、6パネル(左から右)ビュー内でパネルが構成されている場合があり、左から右に情報が整理されています。たとえば、[サービスの統計]ビューには2つのパネルがあります。左側がメイン パネルで、右側が[統計チャート トレイ]パネルです。[統計チャート トレイ]は必要な時にのみ使用されるため、折りたたんでメイン パネルの表示を広げることができます。
7オプション パネルオプション パネルは、ビュー内で選択できるオプションが一覧表示されるパネルです。オプション パネルにはタイトルがないことがよくあります。ヘッダーなしの選択肢のリストはオプションと呼ばれます。
8ノード ツリーノード ツリーは、展開したり折りたたんだりすることのできるフォルダーを含んだノードのリストです。

階層リンク

階層リンクには、表示しているビューに到達するまでに選択されたオプションが表示されます。ビューやメニューに戻るには、階層リンクをクリックします。一部のモジュールでは、階層リンクは、追加の機能を持ちます。たとえば、Investigationでは、階層リンクは、現在のドリルダウン ポイントに到達するためのクエリーのシーケンスを表しており、階層リンクから直接クエリーを編集することができます。

コンテキスト メニュー

コンテキスト メニューでは、選択しているコンテキストに関連するオプションが表示されます。特定のビューで、アイテムを右クリックすると、そのアイテムで使用できるコンテキスト メニューが表示されます。Security Analyticsのドキュメントでは、各モジュールやビューのコンテキスト メニューについて、該当する箇所で説明しています。

ナビゲート]ビューを使用して良く使用するコンテキスト メニューの例を示します。下の図で、メタ値の個数(括弧内の緑色の数値)を右クリックすると、[新しいタブで開く]オプションがコンテキスト メニューに表示されます。

GrnConMenu.png

メタ値(青色のテキスト)を右クリックすると、別のコンテキスト メニューが表示されます。このコンテキストでは、[マルウェアのスキャン]、[Liveルックアップ]、[Invetigation]モジュールの[新しいタブで再フォーカスして調査]、[新しいタブでドリル ダウン]、[新しいタブで!EQUALSドリル ダウン]、[!EQUALSドリル ダウン]の各オプションが表示されます。

BlueConMenu.png

You are here
Table of Contents > Security Analyticsの概要 > ビューに共通する要素

Attachments

    Outcomes