SA:ダッシュボードのインポートとエクスポート

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

日々、変化する環境や条件に合わせてダッシュボードをカスタマイズすることができますが、結果的に日常的には必要でないダッシュボードが多数作成される場合があります。特別なカスタム ダッシュボードを作成する必要が出てくるたびに、一から定義し直す必要はありません。現在使用していないダッシュボードはエクスポートしておくことができます。以前にエクスポートしたダッシュボードを使用する準備ができている場合には、ダッシュボードをSecurity Analyticsにインポートします。

ダッシュボードのエクスポート

エクスポートされたダッシュボードは、同じSecurity Analyticsインスタンス内で使用することを想定しています。同じ権限を持っている、組織内の他のユーザーとカスタム ダッシュボードを共有することもできます。

ダッシュボードをエクスポートするには、ダッシュボードを開いて、ダッシュボード ツールバーの[編集]ドロップダウン メニューから[ダッシュボードのエクスポート]オプションにアクセスする必要があります。

注:レポート リアルタイム チャートを含むダッシュボードをエクスポートする場合には、[レポート リアルタイム チャート]ダッシュレットが使用しているチャートもエクスポートする必要があります。これらのチャートは、デフォルトではエクスポートされません。ダッシュボードをインポートする場合には、[レポート リアルタイム チャート]ダッシュレットが使用しているチャートを手動でインポートしてください。

  1. エクスポートするダッシュボードに移動します。現在表示されているダッシュボードの[ダッシュボード選択リスト]ドロップダウン メニューに既存のダッシュボードがすべて表示されます。
  2. ダッシュボード ツールバーの[アクション]ドロップダウン メニュー(Actions menu cropped)をクリックし、[ダッシュボードのエクスポート]を選択します。
    DbdExp.png
  3. ダウンロードしたファイルがコンピュータに損害を及ぼす可能性があるという警告が画面の下部に表示されることがあります。警告を確認し、問題がなければ[保持]をクリックします。
  4. エクスポートされたファイルを.cfg形式で保存します。

ダッシュボードのインポート

注:レポート リアルタイム チャートを含むダッシュボードおよび関連するチャートは、エクスポート元と同じSecurity AnalyticsサーバおよびReporting Engineのインスタンスにインポートする必要があります。また、Reporting Engine用に構成されたデータ ソースが、エクスポート元のSecurity Analyticsインスタンス上にあるデータ ソースと同じであることを確認する必要があります。ダッシュボードおよび関連するチャートをSecurity Analyticsサーバの別のインスタンスにインポートする場合は、チャート内のデータ ソース名を更新する必要があります。

  1. [ダッシュボード]ツールバーで、[アクション]ドロップダウン メニュー(Actions menu cropped)から[ダッシュボードのインポート]を選択します。
    DbdImp.png
  2. ダッシュボードのインポート]ダイアログでダッシュボード ファイルを参照します。.cfgファイルのみサポートされます。
  3. ダッシュボードのインポート]をクリックします。
    Security Analyticsにダッシュボードが表示されます。
You are here
Table of Contents > 手順 > ダッシュボードの構成 > ダッシュボードのインポートとエクスポート

Attachments

    Outcomes