SA:[プロファイル]ビュー>[環境設定]パネル

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

ユーザーは、いくつかのシステム環境設定をユーザーごとに適用することができます。これらの設定は、システム管理者が設定した環境設定より優先されます。これには次のものが含まれます。

  • Security Analyticsの全般的な環境設定とSecurity Analyticsアプリケーションの設定
  • Investigationに適用され、初期ビューとロード時間に影響する環境設定
  • レポートの実行時に適用される環境設定。

このパネルにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[プロファイル]を選択します。
  2. プロファイル]ビューの[オプション]パネルで、[環境設定]を選択します。

    パネルが表示され、[全般]タブが開きます。

    ProfilePrefVw.png

機能

[環境設定]パネル>[全般]タブには、[認証]と[アプリケーション設定]の2つのセクションがあります。

認証

次の表で、[認証]セクションのオプションについて説明します。関連する手順については、次を参照してください。パスワードの変更手順.

                 
機能説明
Password and
Confirm Password
パスワードは8文字以上のレングスにする必要があります。大文字と小文字、数字、特殊文字、スペースを使用できます。
適用ユーザー インタフェースで使用するタイム ゾーンを変更できます。新しいパスワードはすぐに反映され、次にSecurity Analyticsにログオンするときに必要になります。パスワードの変更は、システム ログオンと、アカウントが追加されているすべてのSecurity Analyticsサービスに適用されます。

アプリケーション設定

次の表で、[アプリケーション設定]セクションのオプションについて説明します。関連する手順については、次のトピックを参照してください:アプリケーション環境設定の構成.

                                 
機能説明
言語Security Analyticsで使用可能な言語のドロップダウン リストを表示します。
ブラウザのタイム ゾーンSecurity Analyticsで使用可能なタイム ゾーンのドロップダウン リストを表示します。
デフォルトのコンポーネントこのフィールドでは、Security Analyticsにログオンしたときの最初のビューとなるコンポーネントをドロップダウン リストから選択できます。
通知の有効化使用中のユーザー アカウントに対する通知の有効化と無効化を切り替えます。デフォルトでは、新しいユーザー アカウントが作成されると、Security Analyticsシステム通知が有効化されます。
コンテキスト メニューの表示使用中のユーザー アカウントに対するコンテキスト メニューの有効化と無効化を切り替えます。デフォルトでは、新しいユーザー アカウントが作成されると、Security Analyticsのコンテキスト メニューが有効化されます。コンテキスト メニューは、ユーザーがビューの特定の箇所を右クリックすると表示される追加の機能メニューです。
適用アプリケーションの設定を更新します。変更内容は直ちに適用されます。
You are here
Table of Contents > 参考資料 > [プロファイル]ビューの[環境設定]パネル

Attachments

    Outcomes