SA:パスワードの変更手順

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

ユーザーは、Security Analyticsの認証で使うパスワードを[プロファイル]ビュー>[環境設定]パネルから変更できます。ユーザーのパスワードは、adminユーザーの場合を除き、Security Analytics Coreサービスで更新されます。adminユーザーのパスワードはコア サービスに伝播しません。パスワードを変更した後で、ユーザーはログオフしてからログオンし、コア サービスと通信する必要があります。 

注:コア サービスの場合、このことは、信頼関係接続を使用しないサービスにのみ当てはまります。コア サービスが信頼関係接続を使用する場合、ユーザーはパスワードを入力しないため、更新は必要ありません。

Security Analyticsパスワードを変更するには:

  1. Security Analyticsメニューで、[プロファイル]を選択します。
  2. [オプション]パネルで[環境設定]を選択します。
    [環境設定]パネルが表示され、[全般]タブが開きます。
    PrefGenTb.png
  3. 認証]セクションで、[パスワード]フィールドに新しいパスワードを入力します。 
  4. パスワードの確認]フィールドに、新しいパスワードを再入力します。
  5. 適用]をクリックします。
    新しいパスワードはすぐに反映され、次にSecurity Analyticsにログオンするときに必要になります。
  6. ログオフして新しい認証情報を使用してログオンするには、次の手順を実行します。
    1. Security Analyticsメニューで[サイン アウト]を選択します。
    2. 新しい認証情報を使用してSecurity Analyticsに再びログオンします。
You are here
Table of Contents > 手順 > パスワードの変更手順

Attachments

    Outcomes