ホストGS:コア サービスのシステム構成

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、すべてのRSA Security Analyticsコア サービスに共通する構成パラメータについて説明します。

設定

次の表に、システム構成設定のリストと説明を示します。

                                                            
システム構成フォルダ/sys/config
compression正の値が設定されている場合、メッセージが圧縮される分岐点となる最小バイト数を表示します。ゼロの場合、メッセージは圧縮されません。変更は、次回の接続時に反映されます。
crc.checksum正の値が設定されている場合、ネットワークを介して送信されるメッセージにCRCチェックサム(クライアントによって検証)が付加される分岐点となる最小のバイト数を表示します。ゼロの場合、メッセージに対するCRCチェックサムの検査は実行されません。変更は、次回の接続時に反映されます。
drives使用率の統計を取得する監視対象ドライブを表示します。サービスを再起動すると変更が有効になります。
portこのサービスがリッスンするポートを表示します。サービスを再起動すると変更が有効になります。
schedulerスケジュール設定されたタスクのフォルダを表示します。
service.name.override集計を実行するアップストリーム サービスがホスト名の代わりに使用するオプションのサービス名を表示します。
ssl有効にした場合、すべてのトラフィックがSSLで暗号化されます。サービスを再起動すると変更が有効になります。
stat.compression有効にした場合、統計情報がデータベースに書き込まれる際に圧縮されます。サービスを再起動すると変更が有効になります。
stat.dir履歴統計データベースが格納されるディレクトリを表示します。複数のディレクトリを指定する場合、セミコロンで区切ります。オプションで割り当てられた最大サイズ(=#単位)を表します。単位は、tがTB、gがGB、mがMBです。サービスを再起動すると変更が有効になります。
stat.exclude統計データベースから除外する統計のパス名を表示します。値を指定する場合、ワイルドカードを使用することができます。「?」は任意の1文字と一致します。「*」は、区切り文字(/)までのゼロ個以上の文字と一致します。「**」は、区切り文字を含むゼロ個以上の文字と一致します。変更は即座に有効になります。
stat.intervalシステムで統計ノードが更新される頻度(ミリ秒単位)を指定します。変更は即座に有効になります。
threads着信リクエストを処理するスレッド プール内のスレッド数を表示します。変更は即座に有効になります。
You are here
Table of Contents > 参考資料 > サービス構成設定 > コア サービスのシステム構成

Attachments

    Outcomes