ホストGS:[設定]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、[システム ログ]>[設定]タブの機能について説明します。

RSA Security Analyticsの[システム ログ]パネルにある[設定]タブでは、ログ ファイルのサイズ、保持するバックアップ ログ ファイルの数、Security Analytics内のパッケージに対するデフォルトのログ レベルを構成します。詳細な手順については、「システム構成ガイド」の「ログ ファイル設定の構成」を参照してください。

[設定]タブにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[システム]を選択します。
  2. [オプション]パネルで、[システム ログ]を選択します。
    [システム ログ]パネルが開き、デフォルトで[リアルタイム]タブが表示されます。
  3. 設定タブをクリックします。

SysLogSet.png

機能

設定]タブには、[ログの設定]と[パッケージ構成]の2つのセクションがあります。

ログの設定

[ログの設定]セクションでは、Security Analyticsのログ ファイルのサイズと、Security Analyticsで保持するバックアップ ログの数を構成します。 

                           
機能説明
最大ログ サイズ各ログ ファイルの最大サイズをバイトで指定します。この設定の最小値は4,096です。
最大バックアップ ファイル数保持するバックアップ ログ ファイルの数を指定します。この設定の最小値は0です。ログ ファイルの最大数に到達し、新しいバックアップ ファイルが作成されると、最も古いバックアップが破棄されます。
Checkbox.PNGエラー スタック トレースの表示チェックボックスを選択すると、エラー、スタック、トレースのログ メッセージが表示されます。 
適用以降のすべてのログに対して、設定をただちに有効にします。

パッケージ構成

[パッケージ構成]セクションのツリー構造にSecurity Analyticsのパッケージが表示されます。

                                   
機能説明
パッケージ ツリーツリーにはSecurity Analytics内で使用されるすべてのパッケージが含まれています。ツリーをドリル ダウンすることで、各パッケージのログ レベルを表示できます。 

rootログ レベルは、明示的には設定されないすべてのパッケージに対するデフォルトのログ レベルを表します。rootレベルはINFOに設定されています。
[パッケージ]フィールドこのフィールドには、パッケージ ツリーでパッケージを選択したときに、そのパッケージの名前が表示されます。
ログ レベル選択したパッケージにログ レベルが明示的に設定されている場合は、その値が[ログ レベル]フィールドに表示されます。
Checkbox.PNG再帰的にリセットチェックボックスを選択すると、ログが再帰的にリセットされます。
適用以降のすべてのログに対して、設定をただちに有効にします。
リセット選択したパッケージをrootのログ レベルにリセットします。
You are here
Table of Contents > 参考資料 > Administrationの[システム]ビュー > [システム]の[ログ]パネル > [設定]タブ

Attachments

    Outcomes