ホストGS:サービスの[エクスプローラ]ビュー

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、Security Analyticsの[サービス]の[エクスプローラー]ビューの機能について説明します。[エクスプローラー]ビューは、ホストとサービスの構成を表示、編集するための強力で柔軟性の高いユーザー インタフェースです。

[サービス]の[エクスプローラ]ビューでは、すべてのSecurity Analyticsホストとサービスにアクセスし、制御を行うことができます。[エクスプローラ]ビューは、Windowsエクスプローラに似たインタフェースで構成され、ノードとツリーの構造で表示されます。このパネルでは、以下の機能を実行できます。

  • 選択されたサービスのすべての構成ファイルのディレクトリ ツリーを表示(複数のサービスを選択した場合、すべてのサービスに共通する構成ファイルを表示)します。
  • ディレクトリを移動し、ファイルにアクセスします。
  • 複数のサービスに共通するファイルを開き、内容を横に並べて表示します。
  • ファイルのエントリーを選択し、値を編集します。
  • あるサービスから別のサービスにプロパティ値をコピーします。

    [サービス]の[エクスプローラ]ビューは、[プロパティ]ダイアログを表示することもできます。これは、次の図に示すように、各ノードのプロパティの表示や各ノードへのメッセージの送信を行えるシンプルなインタフェースです。

注意:このビューで編集を行う場合には、各ノードとパラメータに関する十分な知識が必要です。不適切な設定が原因で、パフォーマンス上の問題が発生する場合があります。

[サービス]の[エクスプローラ]ビューにアクセスする方法

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。
  2. サービスを選択して、Actns.png[表示]>[エクスプローラ]を選択します。

これは[サービス]の[エクスプローラ]ビューの例です。

PropertiesDb.png

機能

[サービス]の[エクスプローラ]ビューには、2つのメイン パネルがあります。

  • ノード リスト
  • [監視]パネル

ファイルを右クリックして[プロパティ]を選択すると、そのファイルのプロパティにアクセスできます。

ノード リスト

ノード リストは、ノードとフォルダの一連のツリー構造で各サービスを表示します。[ノード]リストのレベルを展開したり、折りたたんだりして、完全な階層を表示できます。

NodesList.png

各ルート フォルダは、その機能に基づいて名前が付けられています。たとえば、/connectionsフォルダは、接続されているすべてのIPアドレスを表示します。各IP:Portの下には、sessionsstatsの2つのフォルダがあります。

  • sessionsフォルダでは、各IP:Portからのすべての認証済みユーザー セッションが表示されます。
  • statsフォルダは、送受信したメッセージ数、送受信したバイト数など、各サービスごとの特定の値を表示します。これらは編集できません。

ツリー ビューでフォルダを選択すると、[監視]パネルにフォルダの内容が表示されます。ツリーの各ノードは常に監視されているため、statsノードまたはconfigノードの値が変更されたときは、すぐにツリーと監視パネルに反映されます。

[監視]パネル

監視]パネルは、選択されたノード(たとえば、index)のプロパティと値およびサブ フォルダ(たとえば、config)を表示します。値を編集する方法は2つあります。

  • 値をクリックして新しい値を入力します。
  • [プロパティ]ダイアログでsetメッセージを送信します。

104ServExpProps.png

 

 

トピック

You are here
Table of Contents > 参考資料 > サービスの[エクスプローラ]ビュー

Attachments

    Outcomes