ホストGS:[URL統合]パネル

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、[URL統合]パネルの機能について説明します。

URL統合機能では、[ナビゲート]ビューでサービスを調査するときに、ユーザーが使用した階層リンクまたはクエリー パスを管理します。ほとんどの場合、このオブジェクトを表示および変更する必要はありません。

注意:システムからクエリーを削除すると、そのクエリーIDは参照できなくなります。

このビューにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[レポート]をクリックします。
  2. オプション パネルで、[URL統合]を選択します。

SysURLInt.png

コンポーネント

[URL統合]パネルにはグリッドとツールバーがあります。この表は、グリッド内の情報について説明しています。

                               
説明
IDSecurity Analyticsのデータストアでクエリーを検索するために使用する一意のID。
表示名階層リンクの列に表示される文字列。
クエリーベースとなるクエリーの一部。
ユーザー名クエリーを作成したユーザーの名前。
作成日時クエリーが作成された日時。

ツールバーには以下のオプションがあります。

                         
オプション説明
del_report.png 選択したクエリーを削除します。クエリー削除の確認のダイアログが表示されます。[はい]または[いいえ]を選択します。
icon-edit.png [クエリーの編集]ダイアログを表示します。
rule_refresh.png リストを更新します。
Icon-clear.png クエリーのリスト全体をクリアします。リスト クリアの確認のダイアログが表示されます。[はい]または[いいえ]を選択します。
Previous Topic:[設定]タブ
You are here
Table of Contents > 参考資料 > Administrationの[システム]ビュー > [URL統合]パネル

Attachments

    Outcomes