インシデントの管理:[保存スケジューラ]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

[保存スケジューラ]タブの設定を使用すると、アラートおよびインシデントの保存期間を指定できます。 

[保存スケジューラ]タブにアクセスするには:

  1. Security Analyticsメニューで、[インシデント]>[構成]を選択します。

    [構成]パネルが開き、デフォルトで[統合ルール]タブが表示されます。

  2. 保存スケジューラ]タブを選択します。

    tab_RetSched.png

[保存スケジューラ]タブの機能を次に示します。

                       
機能説明
日数 アラートおよびインシデントを保持する日数を指定します。この期間を超えたものは削除されます。
有効化  保存期間の終了時にアラートとインシデントを削除します。
適用 設定をただちに有効にします。
Previous Topic:[通知]タブ
You are here
Table of Contents > インシデント管理の参考情報 > [Configure]ビュー > [保存スケジューラ]タブ

Attachments

    Outcomes