インシデントの管理:[統合]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

[統合]タブでシステム統合の設定を行い、アナリストがRSA Archer、サード パーティ ヘルプ デスク システムなどの、他のシステムと自動的にデータを共有できます。

このタブにアクセスするには、Security Analyticsメニューの[インシデント]>[構成]を選択し、[統合]タブを選択します。

[統合]タブは、インシデント ワークフローを管理して、アナリストの統合権限を設定する[システム構成設定パネル]で構成されています。次の図は、[統合]タブを示します。

system_integration_im.png

次の表に、構成パラメータの説明を示します。

                                
パラメータ説明
Security Analyticsでインシデント ワークフローを管理Security Analyticsでインシデント ワークフローの管理を可能にします。このオプションを選択すると、[RSA Archer Security Operations Managementでのみインシデント ワークフローを管理]が無効化されます。
アナリストが、Operations ターゲット キューの改善タスクを、チケットとしてエスカレーションできます。これにより、改善タスクをヘルプデスクのチケットとしてプッシュし、解決するまで追跡できるようになります。
アナリストが、GRCターゲット キューの改善タスクを、発見事項としてエスカレーションできます。これにより、改善タスクをArcherターゲット キューにプッシュし、改善に役立つ追加情報を含めて解決まで追跡できるようになります。
アナリストが、RSA Archer Security Operations Managementソリューションで、データ侵害をレポートし、侵害対応手順をトリガーできますこれにより、RSA Archer Security Operations Managementソリューションで、データ侵害をレポートし、侵害対応手順を通じて追跡できます。
RSA Archer Security Operations Managementでのみインシデント ワークフローを管理RSA Archer Security Operations Management以外のインシデント ワークフロー管理を無効にします。インシデントと改善タスクはRSA Security Analyticsでは表示されなくなり、Security Analyticsでのインシデント ワークフローの管理オプションは使用できません。
You are here
Table of Contents > インシデント管理の参考情報 > [Configure]ビュー > [統合]タブ

Attachments

    Outcomes