インシデントの管理:RSA Archerへの改善タスクの送信

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

RSA Security Operations Management ソリューションでは、Archerのターゲット キューに改善タスクをプッシュしてデータ侵害を報告し、侵害発生時対応プロセスでトラッキングすることができます。

前提条件

RSA Archerとの統合が有効化されていることを確認してください。詳細については、トピック:RSA Archer Security Operations Managementでインシデントを管理するための統合設定 を参照してください。

手順

RSA Archerに改善タスクをプッシュするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[インシデント]>[キュー]を選択します。
    [担当インシデント]ビューが表示されます。
  2. 担当インシデント]ビューで、インシデントをダブル クリックします。
    [インシデント詳細]ビューが表示されます。
  3. 改善タスク]で改善タスクをダブル クリックします。
    改善タスクの詳細ビューが表示されます。
  4. push_to_archer.pngをクリックします。 
    RSA Archerに改善タスクが送信されます。
  5. RSA ArcherのUIに移動して改善タスクを表示し、クローズまでトラッキングします。
You are here
Table of Contents > インシデント管理プロセス フロー > インシデントの調査 > RSA Archerへの改善タスクの送信

Attachments

    Outcomes