Investigation:ユーザー定義のメタ グループの管理

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017Last modified by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

[Investigation]>[ナビゲート]ビューでは、調査のために表示するデータをフィルタ処理するため、メタ グループを定義できます。このセクションでは、特定のサービスでナビゲート時に使用するカスタム メタ グループを追加、編集、インポート、エクスポート、削除する方法について説明します。座標表示チャートでは、メタ キーが軸として左から右に表示されます。カスタム メタ グループは、特定のサービスのすべてのユーザーが利用でき、エクスポートして異なるサービスにインポートすることもできます(ただし、サービスで利用可能なメタ キーに限定されます)。

注:管理者が、サービスのカスタム インデックス ファイルを編集して、カスタム メタ グループを手動で追加すると、サービスの再起動後にInvestigationで新しいグループが利用可能になります。

メタ グループの作成とメタ キーの追加

  1. [Investigation]>[ナビゲート]ビューでサービスを調査しているときに、ツールバーで、[メタ]>[メタ グループの管理]を選択します。
    [メタ グループの管理]ダイアログが表示されます。当初は、グループにはサービスが構成されていません。グループがすでに構成されている場合は、[グループ名]の下にグループが一覧表示されます。
    ManageMetaGroupsdialog.png
  2. [グリッド]ツールバーでIcon-Add.pngをクリックします。
    新しい行がメタ グループ グリッドの先頭に挿入されます。
  3. 新しいメタ グループの名前を入力し、Enterキーを押します。
    右側のフォームが開いて編集可能な状態になります。
    ManMetGrpDg2.png
  4. (オプション)メタ グループの名前を変更する場合は、[名前]フィールドに新しい値を入力します。
  5. メタ キー]ツールバーで、Icon-Add.pngをクリックします。
    [利用可能なメタ キー]ダイアログに、キーがアルファベット順で表示されます。
    AVMetKeyDg.png
  6. メタ キーのリストをフィルタするには、[フィルタ]フィールドに単語またはフレーズを入力し、Enterキーを選択します。
    一致するメタ キーがリストに表示されます。大文字と小文字は区別されません。[フィルタ]フィールドのテキストを削除してEnterキーを押すと、フィルタを削除できます。
  7. メタ グループに含めるメタ キーを選択するには、チェックボックスをオンにします。すべてのメタ キーを選択するには、タイトル バーのチェックボックスをオンにして[追加]をクリックします。
    選択したメタ キーが[メタ キー]リストに追加されます。
  8. (オプション)メタ キーがロードされて表示される順序を変更する場合は、メタ キーをクリックして、新しい位置にドラッグします。同時に複数のメタ キーを選択できます。
  9. メタ グループの作成を終了するには、次のいずれかを実行します。
    1. メタ グループを保存するには、[保存]をクリックします。
      グループが作成され、使用可能になります。
    2. メタ グループを保存して、現在の[Investigation]ビューに適用するには、[保存して適用]をクリックします。
      グループが作成され、現在の[Investigation]ビューにすぐに適用されます。
  10. Close]をクリックします。

メタ グループの編集

  1. メタ グループ グリッドからグループを選択します。
    右側のフォームが開いて編集可能な状態になります。
    ManMetGrpDg2.png
  2. (オプション)グループの[名前]を編集します。
  3. (オプション)前述の「メタ グループの作成とメタ キーの追加」の説明に従って、新しいメタ キーを追加します。
  4. (オプション)キーの順序を設定するには、キーをドラッグ&ドロップします。同時に複数のキーを選択できます。
  5. (オプション)メタ キーの初期表示を変更するには、ViewOption.pngをクリックして、いずれかの初期表示オプションを選択します。
    メタ グループを変更するとき、キーを展開表示に設定することはできません。メタ グループのデフォルト ビューを展開表示に変更し、一部のメタ キーがインデックスなしであった場合、インデックスなしのメタ キーは自動的に自動に戻ります。したがって、メタ キーはインデックス付きである場合にのみ自動的にロードされます。インデックスなしのメタ キーは手動で開くまで折りたたみ表示になります。
    初期表示の値が[表示]列に表示されます。
  6. 変更を保存するには、[保存]をクリックします。
  7. 現在の[ナビゲート]ビューに変更を適用するには、[保存して適用]をクリックします。

メタ グループの削除

  1. メタ グループ グリッドで、削除するグループを選択します。
  2. Icon_Delete_sm.pngをクリックします。
    確認のダイアログが表示されます。ここで削除をキャンセルするか、続行するかを選択できます。
  3. OKをクリックします。
    メタ グループが削除されます。削除するメタ グループを使用していた場合には、デフォルトのメタ キーを使用して表示が更新されます。

メタ グループのエクスポート

ユーザー定義メタ グループは、各サービスに作成されます。メタ グループを別のサービスで使用できるようにするには、ローカル ファイル システムにメタ グループをエクスポートする必要があります。メタ グループをエクスポートするには、次の手順を実行します。

  1. メタ グループ グリッドで、エクスポートするグループを1つ以上選択します。
  2. ExportMetaGroup.pngをクリックします。
    選択したグループがMetaGroups.jsnというファイル名で、ローカル ファイル システムにダウンロードされます。ダウンロード先に以前ダウンロードした同名のファイルが存在する場合は、上書きを避けるため、ファイル名に数字が付加されます。

メタ グループのインポート

別のサービスのユーザー定義メタ グループを、現在調査中のサービスで使用するには、ローカル ファイル システムからMetaGroups.jsnファイルをインポートする必要があります。メタ グループをインポートするには、次の手順を実行します。

  1. メタ グループ グリッドで、ImportMetaGroup.pngをクリックします。
    選択ダイアログが表示されます。
    MetaGroupImportDialog.png
  2. 参照]をクリックし、ローカル ファイル システム上の、ダウンロードしたMetaGroups.jsnファイルが格納されているディレクトリに移動します。ファイルを選択し、開くをクリックします。
    [ファイルのアップロード]フィールドにファイル名が表示されます。
  3. アップロードをクリックします。
    アップロード プロセスが開始され、アップロードが正常に完了したことを示すメッセージが表示されます。メタ グループ グリッドにグループが追加されます。ファイルが既存のメタ グループと重複する場合は、メタ グループがすでに存在することを通知するダイアログが表示されます。
You are here
Table of Contents > 調査の実施 > [ナビゲート]ビューでの情報のフィルタ > ユーザー定義のメタ グループの管理

Attachments

    Outcomes