Investigation:[ナビゲート]ビューのタイム チャートでのデータのドリル ダウン

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017Last modified by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

アナリストは、タイム チャートを使用して、時間の経過に従ってアクティビティを可視化することができます。時間範囲を選択して、[Investigate]オプションを選択して、データにズーム インすることができます。その後、ズーム インの前に有効であった時間範囲にナビゲーションをリセットできます。

  1. Security Analyticsメニューで、[Investigation]>[ナビゲート]を選択します。
    現在のドリルダウン ポイントおよび選択した時間範囲のタイム チャートが表示されます。
    TChart.png
  2. タイム チャート上でマウスのクリックとドラッグを行い、目的の時間範囲を選択します。選択した時間範囲がハイライト表示されます。
    選択した時間範囲のタイム チャートが再描画されます。ただし、メタ値は変更されません。
    TChartZoom.png
  3. 選択した時間範囲のデータにドリルダウンするには、[Investigate]をクリックします。
    URLが更新され、新しい時間範囲が反映されます。さらに、[Investigation]オプション パネルでは、時間範囲がカスタム時間範囲に変更されます。選択した時間範囲を使用して、タイム チャートが再描画され、メタ値がロードされます。
    TChartZoom.png
  4. タイム チャートを元の時間範囲にリセットするには、[ズームのリセット]をクリックします。
    URLが、データのズームを行う前の元のURLに戻ります。また、[Investigation]オプション パネルでは、時間範囲がズームを行う前の時間範囲に戻ります。元の時間範囲を使用して、タイム チャートが再描画され、メタ値がロードされます。
    TChart.png
You are here
Table of Contents > 調査の実施 > [ナビゲート]ビューでのデータ クエリー > [ナビゲート]ビューのタイム チャートでのデータのドリル ダウン

Attachments

    Outcomes