Investigation:[デフォルトのメタ キーの管理]ダイアログ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017Last modified by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、[デフォルトのメタ キーの管理]ダイアログについて説明します。

[デフォルトのメタ キーの管理]ダイアログでは、アナリストが特定のサービスのナビゲート時に表示するメタ キーを指定できます。これにより必要なデータをさらに迅速に見つけることができ、関係のないメタはロードされません。

デフォルトのメタ キーを変更すると、インデックスなしのメタ キーを展開表示に設定できません。メタ グループのデフォルト ビューを展開表示に変更し、一部のメタ キーがインデックスなしであった場合、インデックスなしのメタ キーは自動的に自動に戻ります。したがって、メタ キーはインデックス付きである場合にのみ自動的にロードされます。インデックスなしのメタ キーは手動で開くまで折りたたみ表示になります。

このダイアログにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Investigation]>[ナビゲート]を選択します。
    [Investigate]ダイアログが表示されます。
  2. サービスを選択するには、次のいずれかを実行します。
    • サービスをダブル クリックします。
    • サービスを選択し、[ナビゲート]をクリックします。
      選択したサービスの[ナビゲート]ビューが表示されます。
  3. ナビゲート]ビューのツールバーで、[メタ]>[デフォルトのメタ キーの管理]を選択します。
    [デフォルトのメタ キーの管理]ダイアログが表示されます。
    ManDefMetKeyDg.png

次で、関連する処理手順を確認できます。Investigationでのデフォルト メタ キーの管理と適用.

機能

[デフォルトのメタ キーの管理]ダイアログには、グリッド、ツールバー、[閉じる]ボタン、[適用]ボタンがあります。

グリッド

グリッドでは、デフォルトのメタ キーを表示、ソート、管理できます。メタ キーをクリックしてドラッグすると、並べ替えることができます。次の表は、グリッド機能について説明しています。

                    
機能説明
メタ キーこの列には、サービスで使用できるメタ キーが表示されます。
表示この列には、各メタ キーに割り当てられているビューのタイプが表示されます。各行でビューをクリックすると、メタ キーを別のデフォルト ビューに割り当てることができます。4つの表示タイプがあります。
  • [自動]:サービス インデックス ファイルで指定されている、メタ キーのデフォルトのビューに復元します。
  • [折りたたみ表示]:このメタ キーの値はデフォルトでは折りたたみ表示され、手動で展開することができます。
  • [非表示]:これらのメタ キーはデフォルトでは非表示で、Investigationでは一切表示されません。
  • [展開表示]:このメタ キーの値はデフォルトでは表示されます。

ツールバーとボタン

次の表は、ツールバーとボタンの機能について説明しています。

                       
機能説明
105Actions.png [アクション]メニューをクリックすると、すべてのメタ キーのデフォルト ビューを変更できます。4つの表示タイプがあります。
  • [自動]:サービス インデックス ファイルで指定されている、メタ キーのデフォルトのビューに復元します。
  • [折りたたみ表示]:このメタ キーの値はデフォルトで折りたたまれています。
  • [非表示]:このメタ キーの値はデフォルトで非表示になっています。
  • [展開表示]:このメタ キーの値はデフォルトでは表示されます。
閉じるダイアログを閉じます。保存していない変更はすべて失われます。
適用変更を適用します。適用した変更はただちに有効になります。
You are here
Table of Contents > Investigationの参考資料 > [デフォルトのメタ キーの管理]ダイアログ

Attachments

    Outcomes