ライセンス:Security Analytics通知の構成

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、LLS(Local License Server)に通知設定を構成する手順について説明します。ライセンスの有効期限が近づいたことを知らせるアラートを受信したい場合は、Security Analyticsを構成して通知を送信することができます。通知は、メール、syslog、SNMPにより受信できます。通知は、システムへのログオン中に[通知]トレイからも表示できます。通知の閾値として、期限切れまでの日数を指定することもできます。 

Security Analytics通知の構成

Security Analytics通知を構成するには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsにログオンします。
  2. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[システム]を選択します。
  3. オプション パネルで[ライセンス]を選択します。
  4. 設定]タブを選択します。

  5. 有効期限が近づいているライセンスについての通知をSecurity Analyticsが送信する方法をそれぞれ選択します。すべて選択しないことも、すべて選択することも可能です。

    1. ログオン時に通知を受信するには、[ログイン]を選択し、閾値の[ログイン ウィンドウ]フィールドにライセンス有効期限の何日前に通知を受信するかを指定します。
    2. 通知トレイで通知を受信するには、[SAコンソール]を選択し、閾値の[通知トレイ]フィールドにライセンス有効期限の何日前に通知を受信するかを指定します。
    3. メール通知を受信するには、[メール]を選択し、[メール サーバを構成します。]を選択します。[メール]パネルが別のタブに表示され、[メール サーバ設定]セクションでSecurity Analytics通知を構成できます。詳細については、「システム構成ガイド」を参考にしてください。
    4. Syslog通知を受信するには、[Syslog]を選択し、[SyslogサーバおよびSNMPトラップ サーバを構成します]を選択します。[グローバル通知]パネルが別のタブに表示され、Syslog通知サーバを構成できます。
    5. SNMPトラップを介して通知を受信するには、[SNMPトラップ]を選択し、[SyslogサーバおよびSNMPトラップ サーバを構成します]を選択します。[グローバル通知]パネルが別のタブに表示され、SNMP通知サーバを構成できます。
  6. 通知の適用]をクリックします。
    設定が保存され、すぐに反映されます。
Previous Topic:追加の手順
You are here
Table of Contents > 追加の手順 > Security Analytics通知の構成

Attachments

    Outcomes