Live:その他の手順

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、次の手順について説明します。

サブスクライブ リソースの導入対象サービスへの追加

この手順を完了すると、サブスクライブしているリソースをサービスの導入対象として追加できます。

サブスクライブしているリソースをサービスへの導入対象に追加する方法

  1. Liveの[構成]ビューの[導入]タブに移動します。
  2. グループ]パネルで、グループを選択します。
    導入対象として選択済みのサブスクライブ リソースがあれば、[導入]タブの[サブスクリプション]パネルにリストされます。
  3. サブスクリプション]パネルで、Icon-Add.pngをクリックします。

    [サブスクリプションの追加]ダイアログが表示されます。このダイアログには選択可能なサブスクライブ リソースがリストされます。

    AddSubscription.png

  4. サービス グループに導入するサブスクライブ リソースを選択します。
  5. Saveをクリックします。

    ダイアログが閉じ、サブスクリプションが[導入]タブの[サブスクリプション]パネル内のリストに追加されます。これによって、選択したリソースが次の同期の際に導入されます。

リソース パッケージの作成

リソースのパッケージを作成してzipファイルに保存し、他のユーザーと共有することができます。パッケージからリソースを導入する方法については、「 リソース パッケージからのリソースの導入 」を参照してください。

この手順を完了すると、リソース パッケージの作成と、ネットワーク ドライブへの保存が完了します。

前提条件

リソース パッケージを作成する前に、CMSサーバとSecurity Analytics間の接続と同期を構成し、ユーザー インタフェースでリソース検索機能が利用できるようにしておく必要があります。 

リソース パッケージを作成するには、次の操作を行います。

  1. [一致するリソース]グリッドで、パッケージに含めるリソースを選択します。

    MtchgRcs.png

  2. パッケージ]>[作成]を選択しますPackageCreate.png

    Security Analyticsによって、選択したリソースが含まれる.zipファイルが作成され、次のダイアログが表示されます。このダイアログでは、zipファイルを開くか保存するかを選択します。保存したzipファイルは、他のユーザーと共有したり、後で導入することができます。

    Security Analyticsは、パッケージに汎用的な名前を付けます。パッケージに含まれているリソースを後で判別できるように、パッケージを保存するときにパッケージ名を変更してください。

    ResourceBundle2.PNG

サブスクリプションの削除

リソースのサブスクリプションを削除しても、デバイス上に導入済みのリソースのインスタンスは削除されません。サービスに導入済みのリソースは、明示的に削除するまでサービス上に残りますが、そのリソースはSecurity Analytics Liveのリソースとは同期されなくなります。

サブスクリプションを削除する方法

  1. サブスクリプション]タブで、削除するサブスクリプションを選択します。
  2. delete.pngをクリックします。

    サブスクリプションの削除を確認するダイアログ ボックスが表示されます。

    ManageViewDeleteSubsConfirm.png

  3. 削除する場合は、[はい]をクリックします。

    サブスクリプションがサブスクリプション リストから削除されますが、サービス上に導入済みのリソースはそのまま残ります。

Live[リソース]ビューでのリソース詳細の表示

リソースを( Liveの[リソース]ビューで)選択した後は、その詳細情報を表示できます。

Liveの[リソース]ビューの独立したタブを開き、選択したリソースの詳細を表示するには、以下のいずれかを実行します。

  • 詳細形式の表示を表示している場合は、リソース タイプ アイコンまたはリソース名をクリックします。

    MatchResDtl.png

  • グリッド形式の表示を表示している場合は、リソースをダブル クリックするか、リソースを選択し、[詳細]をクリックします。

    MchgRs2.png

リソースのダウンロード

リソースをダウンロードするには、Liveの[リソース]ビュー を使用します。

リソースをダウンロードするには、次の手順を実行します。

  1. [リソース]ビューでリソースを選択します。
  2. Icon-Download.pngをクリックします。

    ダイアログが表示され、ファイルを開くか、ファイルを保存するかを選択できます。

    LiveDownloadResourceDialog.PNG

リソース導入先サービスとサービスからの削除

次のビューで、導入したリソースをサービスから削除できます。Liveの[リソース]ビュー.

リソースが導入されているサービスのリストを表示するには、次の手順を実行します。

  1. [リソース]ビューにリソースが表示された状態で、icon-LiveDeviceLocator.pngをクリックします。

    [サービス ロケーター]ダイアログが表示されます。

    RemoveDeploymentsDialog.png

  2. サービス]グリッドで1つ以上のサービスを選択します。
  3. Icon-Remove-text.pngをクリックします。

    選択したサービスからリソースが削除されます。

[導入]タブの[サブスクリプション]グリッドからのサブスクライブ リソースの削除

Liveの[構成]ビューの[導入]タブ>[サブスクリプション]パネルからリソースを削除することができます。

この手順を実行すると、[導入]タブの[サブスクリプション]パネルからリソースが削除されます。

サービス グループに導入するために選択されているサブスクリプションは、同期の際に導入されます。[導入]タブの[サブスクリプション]パネルからサブスクリプションを削除することができますが、すでにサービスに導入されているリソースは、手動で削除するまで導入されたままとなります。

[導入]タブの[サブスクリプション]パネルからリソースを削除するには、次の手順を実行します。

  1. グループ]パネルで、グループを選択します。

    サブスクライブしているリソースがあれば、[サブスクリプション]パネルにリストされます。

  2. [サブスクリプション]パネルで、Icon-Add.pngをクリックします。

    リソースをサービス グループから削除することを確認するダイアログ ボックスが表示されます。リソースが[導入]タブの[サブスクリプション]パネルから削除されますが、導入されているサービスからは削除されません。

    RmveSubRcss.png

グリッド表示と詳細表示の切り替え

この手順では、Liveの[検索]ビューの[一致するリソース]パネルで、結果の表示形式を詳細形式またはグリッド形式に切り替える方法について説明します。

表示形式を切り替えるには、次の手順を実行します。

  1. 詳細形式からグリッド形式に変更するには、[結果の表示]>[グリッド]を選択します。

    Grid Results.png

  2. グリッド形式から詳細形式に変更するには、[結果の表示]>[詳細]を選択します。

    Detailed results.png

リソースのサブスクライブとサブスクライブ解除

Liveの[検索]ビューでリソースのサブスクライブとサブスクライブ解除を実行できます。

サブスクライブ

リソースをサブスクライブするには、次の手順を実行します。

  1. 検索条件]パネルで、検索条件を指定し、[検索]をクリックします。
  2. 1つまたは複数のリソースを選択し、Icon-Subscribe.pngをクリックします。
    確認ダイアログが表示されます。
    SubscribeToResource.png
  3. リソースをサブスクライブする場合は、[OK]をクリックします。
    リソースが[サブスクリプション]タブに追加され、[導入]タブで選択して導入できるようになります。

サブスクライブ解除

リソースのサブスクリプションを解除する場合は、導入したサービスにリソースを残したままにするオプションと、サービスから削除するオプションがあります。

リソースのサブスクリプションを解除するには、次の手順を実行します。

  1. [リソース]ビューにリソースが表示された状態で、Icon-LiveUnsubscribeText.pngをクリックします。

    確認ダイアログが表示されます。

    UnsubscribeToResource.png

  2. 次のいずれかを実行します。

    • リソースのサブスクリプションを解除し、導入先のサービスにリソースを残したままにするには、[サブスクリプション解除]をクリックします。
    • リソースのサブスクリプションを解除し、導入先のデバイスからリソースを削除するには、[サービスからの解除と削除]をクリックします。
    • サブスクリプション解除をしないでダイアログを閉じるには、[キャンセル]をクリックします。

    選択したアクションが適用されます。

リソースの詳細の表示

サブスクライブしているリソースの詳細情報を[リソース]ビューで表示できます。

詳細を表示するには、次の手順を実行します。

  1. サブスクリプションタブで、サブスクリプションを1つ選択します。
  2. details.pngをクリックします。

    リソースの詳細が[リソース]ビューに表示されます。

    ResVw.png

サービスへの導入を選択済みのサブスクライブ リソースの表示

Liveの[構成]ビューの[導入]タブには、サービスに導入するために選択済みのサブスクライブしているリソースのリストが表示されます。

サブスクライブしているリソースのうち、サービスに導入するため選択済みのものを表示するには、次の手順を実行します。

  • グループ]パネルでグループを選択し、これを展開してグループ内のサービスを表示します。
    導入のために選択されているリソース サブスクリプションが、[導入]タブの[サブスクリプション]パネルにリストされます。
  • Previous Topic:Feedの削除
    Next Topic:参考資料
    You are here
    Table of Contents > 追加の手順 > その他のLiveサービス手順

    Attachments

      Outcomes