Live:リソース パッケージ導入ウィザード

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

リソースのパッケージを作成し、それをネットワーク ドライブに保存している場合は、リソース パッケージ導入ウィザードを使用して、リソースをサブスクライブすることなく、サービスまたはサービス グループに手動でリソースを導入できます。Security Analyticsは、.nwpファイル形式または.zipファイル形式のパッケージを導入できます。

リソースの手動導入は、Security Analyticsのリソース管理機能を使用せずに、サービスにリソースを直接導入します。

リソースの更新通知と更新を受信し、サービスからのリソースの削除を容易にするには、Liveの[検索]ビューでリソースをサブスクライブし、そのリソースを[Live]の[構成]ビューで導入する必要があります。

注:リソース パッケージの作成にはSecurity Analytics Liveを使用します。これは、Security Analyticsに含まれない別のアプリケーションです。Liveの[検索]ビューの[一致するリソース]のツールバーで[パッケージ]>[作成]を選択すると、[コンテンツ パッケージ ツール]ウィンドウが表示されます。パッケージに含めるリソースを選択し、パッケージをSecurity Analyticsパッケージ ファイルとして保存することができます。

このビューへのアクセスに必要な権限は、[Liveリソースの導入]です。

このビューにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Live]>[検索]を選択します。
  2. Liveの[検索]ビューの[一致するリソース]のツールバーで、[パッケージ]>[導入]を選択します。

    リソース パッケージ導入ウィザードが表示されます。

    Resource Package Deployment_Updated Screenshot .png

機能

導入ウィザードは、[パッケージ]、[リソース]、[サービス]、[レビュー]、[導入]という5種類のタブで構成されています。
ウィザードを完了する前に、[閉じる]を使用して終了します。

ウィザードを完了すると、Security AnalyticsはLiveの[リソース]ビューに戻ります。

[パッケージ]タブ

このページでは、ネットワークからリソース パッケージを選択します。

これはリソース パッケージがすでに選択されている場合の[パッケージ]タブの例です。

ChoosePackage.png

次の表に、[パッケージ]タブを構成する要素とその説明を示します。

                            
説明
リソース バンドルリソース パッケージを指定する入力フィールド。このフィールドにパスを入力するか、BrowseBtn.PNGボタンを使用して検索します。
コマンド ボタン
参照このボタンをクリックすると[ファイルのアップロード]ダイアログが開きます。ここでローカル ファイル システムを参照して、パッケージを選択することができます。
キャンセル導入をキャンセルしてウィザードを閉じます。
次へウィザードの1つ後のタブを表示します。

[リソース]タブ

このタブには、パッケージに含まれているリソースが表示されます。

次の図は、[リソース]タブの例を示しています。

ResourcePackageDeploymentResource.png

次の表に、[リソース]タブを構成する要素とその説明を示します。

                       
説明
リソース名パッケージ内のリソースの名前を表示します(例:NetWitness Lua Library)。
リソース タイプパッケージ内のリソースのタイプを表示します(例:RSA Lua Parser)。
依存関係 選択したリソースが依存しているリソースを表示します(例:AIM lua)。

[サービス]タブ

バンドルのリソースの導入先となるサービスを選択します。

[サービス]タブには、[サービス]と[グループ]の2つのタブがあります。これらのタブには、[Administration]>[サービス]ビューで構成されたサービスとサービス グループが一覧表示されます。[サービス]ビューに表示可能な列のサブセットが表示されます。バンドルのリソースの導入先となるサービスまたはサービス グループを選択できます。

これは、[サービス]タブの例です。

ResourcePackageDeploymentServices.png

次の表に、[サービス]タブを構成する要素とその説明を示します。

                                                                                                            
説明

サービス

Checkbox.png コンテンツの導入先となるサービスを選択します。サービスとサービス グループの任意の組み合わせを選択できます。
名前コンテンツを導入可能なサービスを表示します。
ホストリソース ホストの名前を表示します。
タイプSecurity Analyticsサービスのタイプを表示します。
グループ
Checkbox.png サービス グループを選択します(サービス グループが定義されている場合)。
名前サービス グループの名前が表示されます。

[レビュー]タブ

リソースとその導入先となるサービスを表示します。

このタブでは、次の操作を実行できます。

  • コンテンツとサービスを導入する前にレビューする。
  • リソースの導入を開始する。

次の図は、[レビュー]タブの例を示しています。

ResourcePackageDeploymentReview.png

次の表に、[レビュー]タブを構成する要素とその説明を示します。

                                                                                                        
説明

サービス情報

Serviceコンテンツを導入可能なサービスを表示します。
サービス タイプ各Security Analyticsサービスのタイプを表示します(ホスト/サービスのタイプ)。
リソース情報
リソース名選択したリソースの名前を表示します(例:NetWitness Lua Library)。
リソース タイプ選択したリソースのタイプを表示します(例:RSA Lua Parser)。
導入リソースの導入を開始し、[導入]ページ(ウィザードの最後のページ)を表示します。

[導入]タブ

このタブでは、次の操作を実行できます。

  • ジョブの進行状況を表示する。
  • ジョブをキャンセルする。

これは、[導入]タブの例です。

ResourcePackageDeploymentDeploy.png

次の表に、[導入]タブを構成する要素とその説明を示します。

                                           
機能説明
サービス名リソースの導入先となるサービスの名前。
リソース名リソースの名前。
ステータス手動導入のステータス。
進行状況手動導入の進行状況が進捗バーに表示されます。完了すると、バー全体が緑色になります。
コマンド ボタン
閉じるウィザードを閉じます。
エラーSecurity Analyticsにエラーが発生した場合にのみ表示されます。クリックすると、そのエラーが表示されます。
再試行Security Analyticsにエラーが発生した場合にのみ表示されます。ウィザードを使用してリソースの導入を再試行するには、このボタンをクリックします。
You are here
Table of Contents > 参考資料 > リソース パッケージ導入ウィザード

Attachments

    Outcomes