Live:ステップ2:Security AnalyticsでのLiveサービスの設定

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、CMSサーバとSecurity Analytics間の接続と同期を構成し、Security AnalyticsでLiveを設定する方法について説明します。 

Security AnalyticsでLiveを設定するには、CMSサーバとSecurity Analyticsとの間の接続と同期を構成します。この設定は、[Administration]>[システム]>[Liveサービス構成]パネルで実行します。

  1. CMSサーバへの接続とLiveアカウントを構成します。

    LiveAccount.png

  2. Security AnalyticsにLiveからの更新を同期するタイミングを構成します。

詳細については、「システム構成ガイド」の「Liveサービス設定の構成」トピックを参照してください。

You are here
Table of Contents > 必要な手順 > ステップ2:Security AnalyticsでのLiveサービスの設定

Attachments

    Outcomes