Live:ステップ3:Liveリソースの検索と導入

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、次のビューの[検索条件]パネルを使用して管理者がLiveリソースを検索する方法について説明します。Liveの[検索]ビュー.

前提条件

Liveリソース検索の動作条件として、CMSサーバとSecurity Analyticsとの間の接続と同期の設定が完了している必要があります。 

リソースの検索

  1. 検索条件]パネルで、検索条件を指定します。次のいずれかまたはすべてを入力します:キーワード、リソース タイプ、タグ、メタ キー、メタ値。

  2. 検索]をクリックします。

    結果が詳細形式で[一致するリソース]パネルに表示されます。

    MtchgRcs.png

  3. (オプション)[一致するリソース]パネルの結果をさらに絞り込むには、結果からタグ、メタ キー、メディア、リソース メタ値をクリックします。

次のステップ 

ParserをDecodersとLog Decoderに導入したら、「DecoderおよびLog Decoder構成ガイド」の説明に従って、個々のサービスでParserを有効にする必要があります。

You are here
Table of Contents > 必要な手順 > ステップ3:Liveリソースの検索と導入

Attachments

    Outcomes