Live:[導入]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、Liveの[構成]ビューの[導入]タブの機能について説明します。

[導入]タブには、Liveの[構成]ビューで次のタスクを実行するユーザー インタフェースがあります。

  • サブスクライブ リソースの中から、サービス グループ内のサービスへの導入を選択しているリソースを表示。
  • サブスクライブ リソースの中から、サービス グループ内のサービスに導入するリソースを選択。
  • サービス グループ内のサービスへの導入を選択したリソースを削除。

ここにリストされているリソースは、サービス グループに追加した後、ただちに導入される訳ではありません。サブスクライブ リソースは、Security AnalyticsがRSA Security Analytics Liveとの同期を実行したときにサービスにプッシュされます。同期のスケジュールは、[Live構成]パネルで構成します。スケジュールに関係なくすぐに同期を行う場合は、[Live構成]パネルでただちにSecurity Analyticsに同期するよう指示することもできます。

また、[導入]パネルから削除されたリソースは、導入済みのサービスから削除されることはありません。リソースをサービスから削除するには、Liveの[リソース]ビューから削除します。

このビューへのアクセスに必要な権限は、[Liveリソースの管理]です。

このビューにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Live]>[構成]を選択します。

    デフォルトで[サブスクリプション]タブが開きます。

  2. 導入]タブをクリックします。

    Deployments Tab.png

[導入]タブには、2つのパネルがあります。[グループ]と[サブスクリプション]です。

[グループ]パネル

[グループ]パネルは、[Administration]の[サービス]ビューで作成され、構成されているサービス グループの静的な表示です。[グループ]パネルでグループを選択すると、[サブスクリプション]パネルに、そのサービス グループ内のサービスへの導入を選択しているサブスクリプションのリストが表示されます。

                     
機能説明
名前サービス グループの名前。プラス記号をクリックすると、グループ内のサービスのネストされたリストが表示されます。
アドレスグループ内の各サービスのIPアドレス。
タイプサービスのタイプ。

[サブスクリプション]パネル

次の表は、[サブスクリプション]パネルの機能について説明しています。

                                         
機能説明
Icon-Add.png Icon-Add.pngをクリックするとダイアログが開き、Liveの[検索]ビューまたはLiveの[リソース]ビューで追加された、導入可能なサブスクリプションのリストが表示されます。
Icon_Delete_sm.png Icon_Delete_sm.pngをクリックすると、サービス グループの導入リストから選択したサブスクリプションが削除されます。
synchronizeBtn.PNG synchronizeBtn.PNGをクリックすると、Liveで提供される最新バージョンにリソースが同期されます。
名前これはリソースの名前です。
作成日これは、リソースが作成された日時です。
更新日これは、リソースが最後に更新された日時です。
タイプこれは、リソースのタイプです。
説明これは、リソースの説明です。
You are here
Table of Contents > 参考資料 > [Live]の[構成]ビュー > [導入]タブ

Attachments

    Outcomes