ログ収集の構成:ステップ5:構成されたプロトコルのサービスの開始と停止

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、収集サービスを開始する方法と、収集サービスの自動開始を有効にする方法を説明します。

はじめに

収集サービスが停止した場合、サービスを再開するか、収集サービスの自動開始を有効にする必要があります。

収集サービスの開始

に戻ります。手順

次の図に、収集サービスを開始する方法を示します。

StartProtocol1.png

Log Collectorサービスを選択して、[アクション]の下のAdvcdExpandBtn.PNGをクリックします。

[表示]>[システム]をクリックします。

StartProtocol2.png

収集]>[サービス](例:Windows Legacy)を選択して、[開始]をクリックします。

サービスの自動開始の有効化

次の図に、収集サービスの自動開始を有効にする方法を示します。

EnableAutoStart1.png

Log Collectorサービスを選択して、[アクション]の下のAdvcdExpandBtn.PNGをクリックします。

表示]>[構成]をクリックします。

EnableAutoStart2.png

収集サービス(例:Windows Legacy)に対して[Start Collection on Service Startup](サービス起動時に収集を開始)チェックボックスをオンにし、[適用]をクリックします。

(オプション)[すべて有効化]と[適用]をクリックすると、Log Collectorサービスの起動時にすべての収集サービスを開始するよう設定できます。

You are here
Table of Contents > ログ収集の構成ガイド > 手順 > ステップ5:構成されたプロトコルのサービスの開始と停止

Attachments

    Outcomes