ログ収集の構成:基本的な操作

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、構成プロセスについて説明し、Security Analyticsユーザー インタフェースを使用してこの構成を実行する方法を示します。

ログ収集の構成

ログ収集を導入した後、ローカルまたはリモートで実行されているLog Collectorサービスごとにパラメータを構成する必要があります。Log Collectorのサービスの構成ビューで、この構成を実行する必要があります。

構成パラメータ インタフェース

Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。

サービス]グリッドで、構成するLog Collectorサービスを選択します。

ツールバーで、[表示]>[構成]を選択します。

全般]タブをクリックすると、全般的なシステム パラメーターを表示し、収集プロトコルの自動開始を有効化または無効化することができます。

[リモートCollector]/[ローカルCollector]タブをクリックすると、リモートCollectorによって収集されたイベントをローカルCollectorに配信する方法を構成できます。

ファイル]タブをクリックすると、Log Decoderのサービス構成ファイルをテキスト ファイルとして編集できます。

イベント ソース]タブをクリックすると、サポートされる収集プロトコルのパラメータを構成できます。

設定]タブをクリックすると、Lockboxを構成し、証明書を管理できます。

Applianceサービス構成]タブをクリックすると、Log Decoderホストの統計情報を確認できます。

Next Topic:手順
You are here
Table of Contents > ログ収集の構成ガイド > 基本的な操作

Attachments

    Outcomes