ODBC収集:DSN(データ ソース名)の構成

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

概要

このトピックでは、ODBCによるデータ収集のためのDSNを作成および管理するための方法について説明します。

はじめに

ODBC(Open Database Connectivity)イベント ソースを登録するには、データ ソース名(DSN)が必要です。ODBCイベント ソースの構成に必要なパラメータ(値ペア)を設定して、DSNを定義する必要があります。

この手順を完了すると、次のタスクが完了します。

  • DSNテンプレートの追加。
  • DSNの追加。
  • DSNの編集。

に戻ります。手順

手順

DSNテンプレートの追加

DSNテンプレートを追加し、次回以降にDSNを追加するときに利用することができます。

DSNテンプレートを追加する方法

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。
  2. サービス]グリッドで、Log Collectorサービスを選択します。
  3. アクション]の下のActions menu croppedをクリックし、[表示]>[構成]を選択します。
  4. Log Collectorの[イベント ソース]タブで、ドロップダウン メニューから[ODBC/DSN]を選択します。
    追加されたDSNがある場合は、DSNパネルに表示されます。
  5. をクリックします。
    DSNテンプレートの管理]ダイアログが表示されます。

注:左側パネルには、新しいDSNを追加するときに使用できるデフォルトのテンプレートが用意されています。

  1. Icon-Add.pngをクリックします。
    右パネルがアクティブになります。
  2. テンプレート名を指定して、右パネルのIcon-Add.pngをクリックしてパラメータを追加します。
  3. パラメータを指定します。Saveをクリックします。

    新しいDSNテンプレートが[DSNテンプレートの管理]リストに追加されます。

DSNの追加

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。
  2. サービス]グリッドで、Log Collectorサービスを選択します。
  3. アクション]の下のActions menu croppedをクリックし、[表示]>[構成]を選択します。
  4. Log Collectorの[イベント ソース]タブで、ドロップダウン メニューから[ODBC/DSN]を選択します。
    追加されたDSNがある場合は、DSNパネルに表示されます。
    ODBCDSNEvSrc.png
  5. Icon-Add.pngをクリックします。
    • DSNテンプレートの使用
      1. DSNテンプレート]フィールドのドロップダウンからDSNテンプレートを選択します。
        デフォルトのパラメータが表示されます。

        AddDSNfromTemplate.png
      2. DSN名]フィールドで名前を指定します。
      3. デフォルトのパラメーターを追加、削除、編集して、[保存]をクリックします。新しく追加したDSNと、その名前と値のペアがDSNパネルに表示されます。
    • パラメータを手動で追加
      1. DSN名]フィールドで名前を指定します。
      2. Icon-Add.pngをクリックしてパラメータを追加します。
        AddDSNParams.PNG
      3. ダイアログで値ペアを追加して入力し、[保存]をクリックします。
        新しく追加したDSNと、その名前と値のペアがDSNパネルに表示されます。
  6. DSNの追加]ダイアログが表示されます。

    AddDSNDialog.PNG
    DSNは次の2通りの方法で追加できます。

DSNの編集

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。
  2. サービス]グリッドで、Log Collectorサービスを選択します。
  3. アクション]の下のActions menu croppedをクリックし、[表示]>[構成]を選択します。
  4. Log Collectorの[イベント ソース]タブで、ドロップダウン メニューから[ODBC/DSN]を選択します。
    追加されたDSNがある場合は、DSNパネルに表示されます。
    ODBCDSNEvSrc.png
  5. DSNを選択します。
  6. icon-edit.pngをクリックします。
    DSNの編集]ダイアログが表示されます。
  7. 必要なパラメータを変更し、[保存]をクリックします。
    EditDSN.PNG
    変更後の名前と値のペアがDSNパネルに表示されます。
You are here
Table of Contents > ODBC収集構成ガイド > 手順 > ステップ1:Security AnalyticsでのODBCイベント ソースの構成 > ODBC収集:DSN(データ ソース名)の構成

Attachments

    Outcomes