ODBC収集:トラブルシューティング

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、ODBC収集プロトコルで発生する可能性のある問題と推奨される解決策について説明します。

ODBC収集の問題のトラブルシューティング

収集の実行中にODBC Collectorのログ情報、警告、エラー メッセージを確認し、ODBC収集の監視と問題のトラブルシューティングを行うことができます。

各ODBCログ メッセージには次の項目が含まれます。

  • Timestamp
  • カテゴリー:debuginfowarningfailure
  • 収集方法 = OdbcCollection
  • ODBCイベントソース タイプ(GOTS-name) = イベント ソースで構成したGeneric ODBC Type Specificationの名前。
  • 完了または試行した収集ファンクション(たとえば、[processing]
  • ODBCイベントソース名 (DSN名) = イベント ソースで構成したデータ ソース名。
  • 説明(たとえば、Log Collectorが収集したイベントの数)
  • トラッキングID= 対象となるデータベース テーブルのLog Collectorの位置。

次の例は、ODBCイベントが正常に収集されたときに記録されるメッセージです。

2014-July-25 17:21:25 info (OdbcCollection) : [event-source] [processing] [event-source] Published 100 ODBC events: last tracking id: 2014-July-25 13:22:00.280

次の例は、ODBCイベントが正常に収集されなかったときに記録されるメッセージです。

               
ログ メッセージtimestamp failure (OdbcCollection: [event-source] [processing][event-source-type] Failed during doWork: Unable to prepare statement: state: S0002; error-code:208; description: [RSA] [ODBC-driver][event-source-type]Invalid object name 'object-name'.
想定される原因ODBCドライバまたはターゲット データベースにアクセスする際にODBC収集が失敗しました。
解決策イベント ソースのDSNと値のペアを確認します。
You are here
Table of Contents > ODBC収集構成ガイド > ODBC収集のトラブルシューティング

Attachments

    Outcomes