リモートCollectorのSyslogイベント ソース構成パラメータ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、[Syslogイベント ソース]ビューのパラメーターについて説明します。

注意:Syslogの収集はローカルLog Collectorに対して構成しないでください。リモートCollectorに対してのみ、Syslogの収集を構成する必要があります。

リモートLog Collectorのイベント ソースにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。
  2. サービス]グリッドで、Log Collectorサービスを選択します。
  3. アクション]の下のAdvcdExpandBtn.PNGをクリックし、[表示]>[構成]を選択します。
  4. Log Collectorの[イベント ソース]タブで、ドロップダウン メニューから[Syslog/構成]を選択します。

SyslogAddedSource.png

イベント ソース]タブの[Syslog/構成]ビューには、[イベント カテゴリー]と[ソース]の2つのパネルがあります。

[イベント カテゴリー]パネル

[イベント カテゴリー]パネルで、適切なイベント ソース タイプを追加または削除できます。

                         
機能説明
Icon-Add.png イベント ソースを追加します。[使用可能なイベント ソース タイプ]ダイアログを表示します。このダイアログで、パラメータを定義するイベント ソース タイプを選択します。
Icon_Delete_sm.png 選択したイベント ソース タイプを[イベント カテゴリー]パネルから削除します。
Checkbox.png イベント ソース タイプを選択します。
名前追加したイベント ソース タイプの名前を表示します。

[使用可能なイベント ソース タイプ]ダイアログ

[使用可能なイベント ソース タイプ]ダイアログでは、サポート対象のイベント ソース タイプのリストが表示されます。

                         
機能説明
Checkbox.png 追加するイベント ソース タイプの名前を選択します。
タイプ追加できるイベント ソース タイプを表示します。
キャンセルイベント ソースを追加または保存せずに、ダイアログを閉じます。
OK選択したイベント ソース タイプを[イベント カテゴリー]パネルに追加します。

[ソース]パネル

このパネルを使用して、[イベント カテゴリー]パネルで選択されたイベント ソース タイプのイベント ソースおよびパラメータをレビュー、追加、変更、削除します。

ツールバー

次の表に、ツールバー オプションの説明を示します。

                               
機能説明
Icon-Add.png

Firewallホストのパラメーターを定義する[ソースの追加]ダイアログが表示されます。

Icon_Delete_sm.png 選択したホストを削除します。
icon-edit.png

選択したイベント ソースのパラメーターを編集する[ソースの編集]ダイアログが開きます。

複数のイベント ソースを選択して、icon-edit.pngをクリックすると、選択したイベント ソースのパラメータ値を編集するための[ソースの一括編集]ダイアログが開きます。

イベント ソースのインポート、エクスポート、一括編集の方法の詳細については、「ログ収集の構成ガイド」を参照してください。

ImportSourceIcon.PNG

[一括追加オプション]ダイアログが開きます。このダイアログで、CSV(コンマ区切り形式)ファイルから一括でホストをインポートできます。

イベント ソースのインポート、エクスポート、一括編集の方法の詳細については、「ログ収集の構成ガイド」を参照してください。

ExportSourceIcon.PNG

選択したイベントソースのパラメータを含む.csvファイルを作成します。

イベント ソースのインポート、エクスポート、一括編集の方法の詳細については、「ログ収集の構成ガイド」を参照してください。

[ソースの追加]または[ソースの変更]ダイアログ

このダイアログでは、選択したイベント ソース タイプのイベント ソースを追加または変更します。

                       
機能説明
ソース パラメータデフォルト値が入力されたパラメータを一覧表示します。適切な値を入力するか、適切な値に変更します。
キャンセルイベント ソースを追加せずに、または選択されたイベント ソースのパラメータ値を保存せずに、ダイアログを閉じます。
OK[ソースの追加]ダイアログでは、イベント ソースとそのパラメータを追加します。[ソースの編集]ダイアログでは、選択したイベント ソースのパラメータ値の変更を適用します。

ソース パラメータ

次の表に、ソース パラメーターの説明を示します。

                                                 
名前説明
基本
ポート*デフォルトのポートは514です。
有効イベント ソース構成を有効化して収集を開始するには、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスは、デフォルトでオンになっています。
詳細
最大レシーバ数収集されたSyslogイベントの処理に使用される最大レシーバ リソース数です。  デフォルト値は2です。
インフライト公開ログ閾値

この閾値に達すると、イベント フローの問題を解決するのに役立つログ メッセージがSecurity Analyticsによって生成されます。この閾値には、現在イベント ソースからSecurity Analyticsに流れているSyslogイベント メッセージのサイズを指定します。

有効な値は次のとおりです。

  • 0(デフォルト):ログ メッセージは無効化されます
  • 100~100000000:現在イベント ソースからSecurity Analyticsに流れているSyslogイベント メッセージが100から100,000,000バイトの範囲内であるとき、ログ メッセージが生成されます。
イベント フィルタ

フィルタを選択します。

フィルターを定義する手順については、リモートCollectorのSyslogイベント フィルタの構成を参照してください。

デバッグ

注意:イベント ソースに問題が発生し、その問題を調査する必要がある場合にのみ、デバッグを有効に(このパラメータをOnまたはVerboseに設定)します。デバッグを有効にすると、Log Collectorのパフォーマンスに影響があります。

イベント ソースのデバッグ記録を有効または無効にします。

有効な値は次のとおりです。

  • Off = (デフォルト)無効
  • On = 有効
  • Verbose = verboseモードで有効になります。スレッド情報とソース コンテキスト情報をメッセージに追加します。

このパラメータは、イベント収集の問題をデバッグまたは監視するような状況で使用するよう設計されています。パフォーマンスへの影響を最小限にするために、デバッグのVerboseモードは、監視するイベント ソース数が限定された環境で設定するようにしてください。
この値を変更すると、変更はすぐに反映されます(再起動は不要です)。

キャンセルイベント ソースを追加または保存せずに、ダイアログを閉じます。
OKイベント ソースを追加または保存します。

タスク

リモートCollectorのSyslogイベント ソースの構成

リモートCollectorのSyslogイベント フィルタの構成

You are here
Table of Contents > ログ収集の構成ガイド > 参照:構成パラメータ インタフェース > ログ収集のパラメータ > ログ収集の[イベント ソース]タブ > リモートCollectorのSyslogイベント ソース構成パラメータ

Attachments

    Outcomes