MA:(オプション)Malware Analysisのプロキシ設定の構成

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、RSAクラウド サービス、ローカルのThreatGridまたはGFIサービスと通信するためのWebプロキシの構成について説明します。[サービス]の[構成]ビュー>[プロキシ]タブの設定によって、Webプロキシによる通信を設定します。Security Analytics Malware Analysisでは、このWebプロキシを使用して、コミュニティ解析やサンドボックス解析のためにRSAクラウドと通信することができます。プロキシが構成されると、次の操作ができるようになります。

  • Malware Analysisで、Webプロキシを経由してRSAクラウドと通信し、コミュニティ解析を実行する。
  • Malware Analysisで、Webプロキシを経由して構成されているThreatGridまたはGFI Sandboxサービスと通信し、解析を実行する。Webプロキシを使用すると、パフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。[全般]タブの[ThreatGrid]および[GFI]セクションには、Webプロキシを無視して、直接サンドボックスと通信し、パフォーマンスを向上させるオプションがあります。

Webプロキシの構成

Security Analytics Malware AnalysisのWebプロキシを構成するには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。
  2. Malware Analysisサービスを選択し、 [表示]>[構成]を選択します。
  3. [サービス]の[構成]ビューで、[プロキシ]タブを選択します。
  4. プロキシを有効化するには、[Enabled]チェックボックスをオンにします。
  5. (オプション)Security Analyticsサーバのプロキシ設定を自動的に検出するには、[Automatically detect proxy settings]チェックボックスをオンにします。
    プロキシ ホスト(Proxy Host)とプロキシ ポート(Proxy Port)の各フィールドが自動入力されます。
  6. 別のプロキシを使用する場合は、[Proxy Host]と[Proxy Port]に値を入力します。
  7. プロキシ ホストにログオンするためのユーザー名とパスワードを入力します。
  8. (オプション)プロキシ ホストとSSL経由で通信する場合は、[SSL]を選択します。
  9. Apply]をクリックします。
    設定が保存され、すぐに反映されます。

注:Malware Analysisでは、NTML Webプロキシ認証をサポートしていません。

You are here
Table of Contents > 基本的な設定 > (オプション)Malware Analysisのプロキシ設定の構成

Attachments

    Outcomes