MA:[サービス]の[構成]ビュー:[統合]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、RSA Security Analytics Malware Analysisの[Administration]>[サービス]>[構成]ビューにある[統合]タブの機能について説明します。このタブでは、接続をテストし、Malware Analysisサービスを登録することによってコミュニティ スコアリングを有効にすることができます。管理者は、cloud.netwitness.comへの接続および常時スキャン用に構成されたコア サービスへの接続をテストできます。 

次の図は、[統合]タブの例です。 

機能

このタブには、[RSAクラウドへの接続テストと登録]と[常時スキャンの接続テスト]の2つのセクションがあります。以下の表は、機能についての説明です。 

                                     
機能説明
RSAクラウドへの接続テストと登録
ボタン
このボタンをクリックすると、cloud.netwitness.comへのアクティブな接続がテストされます。Security Analyticsは、サイトとの通信をテストして、プロキシの設定を確認します。RSAコミュニティ サービスを登録するには、有効な接続が必要です。 
会社名これは会社の名前です。これは必須入力フィールドです。
連絡先メールこれは、連絡先メールです。これは必須入力フィールドです。
[EMC社内使用のみ]チェックボックス これはオプションのフィールドです。EMCのお客様、セールス担当者、デモ ユーザーは、このオプションをオンにして、リクエストが本番サーバの帯域幅を使用しないようにします。このチェックボックスをオンにすると、次の警告が表示されます。Checking this box may cause a less robust performance because the production server isn't being used.
[登録]ボタン[登録]ボタンをクリックすると、すべての必須入力フィールドが入力されていれば、登録が完了します。登録が完了すると、[登録]ボタンが[更新]ボタンに変わります。 
[更新]ボタン登録の完了後に[更新]ボタンが表示されます。 
常時スキャンの接続テスト
テスト ボタン
このボタンをクリックすると、Malware Analysisサービスが、常時スキャン用に選択されたコア サービスに接続できることを確認するテストが開始されます(ソース ホスト、ソース ポート、ユーザー名、ユーザー パスワードは、[全般]タブの指定どおり)。
You are here
Table of Contents > Malware Analysisの参考資料 > [サービス]の[構成]ビュー:[統合]タブ

Attachments

    Outcomes