MA:[サービス]の[構成]ビュー:[ハッシュ]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、Security Analytics Malware Analysisデバイスの[サービス]の[構成]ビュー>[ハッシュ]タブにある機能について説明します。

このタブでは、Security Analytics Malware Analysisのハッシュ フィルターを管理できます。[ハッシュ]パネルのグリッドは、初期状態は空で表示され、Malware Analysisにフィルターが追加されると、それらのフィルターをリストします。このビューでは、ハッシュ フィルタの追加、ハッシュ フィルタの削除、ハッシュ フィルタへのマーク(信頼または信頼されていないことを示す)、ハッシュ フィルタの変更と保存、を行うことができます。

これは、[ハッシュ]タブの例です。

これは、[ハッシュの追加]ダイアログの例です。

機能

ハッシュ]タブは、ツールバーとグリッドで構成されています。リストが1ページにおさまらない場合、複数ページに表示されます。

この表は、[ハッシュ]タブのツールバーについて説明しています。

                 
機能説明
MD5検索ハッシュを検索するMD5ハッシュを入力します。検索機能では大文字と小文字が区別されます。
追加[ハッシュの追加]ダイアログを表示します。ここでは、新しいハッシュをハッシュ グリッドに追加し、ハッシュが信頼されているかどうかを指定し、ハッシュ ファイル サイズを提供できます。
編集内容の保存グリッド内のハッシュに対する追加または編集を保存します。
削除選択したハッシュをグリッドから削除します。

この表は、ハッシュ グリッド列について説明しています。

                 
機能説明
選択チェックボックスクリックしてハッシュを選択します。列ヘッダの選択チェックボックスをクリックするとすべてのハッシュを選択します。
信頼済みハッシュが信頼または信頼されていないことを示すマークを付けます。
MD5MD5ハッシュを表示します。
ファイル サイズハッシュ ファイル サイズをKB単位で特定します。
You are here
Table of Contents > Malware Analysisの参考資料 > [サービス]の[構成]ビュー:[ハッシュ]タブ

Attachments

    Outcomes