MA:[サービス]の[構成]ビュー:[プロキシ]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、Security Analytics Malware Analysisサービスの[サービス]の[構成]ビューにある[プロキシ]タブで構成するパラメーターについて説明します。このタブでは、Security Analytics Malware Analysisの、Webプロキシを経由したコミュニティ解析のためのRSA Cloudとの通信、およびサンドボックス解析のためのサンドボックス サービスとの通信を構成できます。ローカル サンドボックス サービスを使用している場合、サンドボックス用のWebプロキシ設定をオフにすることでWebプロキシによるパフォーマンスへの影響を抑えることができます。[全般]タブでサンドボックス モジュールを構成し、Webプロキシ設定をバイパスするよう選択できます。

これは、[プロキシ]タブの例です。

機能

この表は、[プロキシ]タブの機能について説明しています。

                                         
機能説明
EnabledWebプロキシを経由して外部と通信できるよう構成する場合はチェックボックスをオンにします。コミュニティ解析ではRSA Cloudとの通信、サンドボックス解析ではサンドボックス サービスとの通信をプロキシできます。
Automatically detect web proxy settings[システム]の設定で構成したプロキシ設定を使用するには、チェックボックスをオンにします。
Proxy hostプロキシ ホストのホスト名を入力します。
Proxy portプロキシ ホストでの通信で使用するポートを入力します。
Usersプロキシ ホストのログオン ユーザー名を入力します。
User Passwordプロキシ ホストのログオン パスワードを入力します。
SSL(オプション)SSLを使った通信を有効にする場合はチェックボックスをオンにします。
[適用]ボタン選択した設定を送信するには、[適用]ボタンをクリックします。 
You are here
Table of Contents > Malware Analysisの参考資料 > [サービス]の[構成]ビュー:[プロキシ]タブ

Attachments

    Outcomes