Reporting Engine:LDAP認証の有効化

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017Last modified by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、HiveServer2用にActive Directoryを使用して、LDAPモードの認証を有効にする手順について説明します。

手順

次の手順を実行して、HiveServer2のLDAP認証を有効化します。

  1. rootユーザーとしてRSA Analytics Warehouseアプライアンスにログオンします。
  2. /opt/mapr/hive/hive-0.11/conf.new/ディレクトリに移動します。次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

    cd /opt/mapr/hive/hive-0.11/conf.new/

  3. hive-site.xmlファイルを編集します。次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

    vi hive-site.xml

  4. <Configuration>タグ内に次のプロパティを追加します。

     <property> <name>hive.server2.authentication</name> <value>LDAP</value> </property> <property> <name>hive.server2.authentication.ldap.url</name> <value>LDAP_URL</value> </property> 

    ここで、LDAP_URLはLDAPサーバのURLです。

  5. HiveServer2を再起動します。

結果

LDAP認証情報を使用してHiveServer2にログオンできるようになります。

You are here
Table of Contents > Reporting Engineの構成 > ステップ3:Reporting Engineのデータ ソースの構成 > LDAP認証の有効化

Attachments

    Outcomes