レポート:レポートのスケジュール設定

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、レポートをスケジュール設定する手順について説明します。  レポートに必要な構成要素(ルールやテキスト要素)を追加して保存した後、レポートのスケジュールを設定することでレポートの実行に関するプロパティを構成できます。ここでは、レポートのスケジュールの詳細を管理できます。

Warehouseレポートをスケジュール設定する場合、サポートされているタスク スケジューラを使用し、スケジュール設定されているジョブに対してクラスタの特定のリソースを割り当てることができます。サポートされているタスク スケジューラの詳細については、次のトピックを参照してください:Warehouseレポートのタスク スケジューラ.

前提条件

以下の項目について確認します。

  • [レポートのビルド]ビューのコンポーネントについて理解している必要があります。詳細については、次のトピックを参照してください:[レポートのビルド]ビュー.
  • [レポートのスケジュール設定]ビューのコンポーネントについて理解している必要があります。詳細については、次のトピックを参照してください: [レポートのスケジュール設定]パネル.
  • リソース プールを使用する場合、Reporting Engineでプールまたはキューを設定する必要があります。詳細については、「ホストおよびサービスの構成ガイド」の「ステップ5:Reporting Engineのタスク スケジューラの構成」トピックを参照してください。

手順

レポートをスケジュール設定するには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[レポート]をクリックします。
    [管理]タブが表示されます。
  2. レポート]をクリックします。
    [レポート]ビューが表示されます。 
  3. ルールのビルド]ページで、run_config_add.pngをクリックしてルールを作成します。
  4. Saveをクリックします。
  5. 使用]をクリックします。
  6. 新しいレポート]または[既存のレポート]を選択します
    106_UseRule.png
  7. レポート グループを選択し、[選択]をクリックします。
  8. レポート名を入力し、ルールを選択します。
  9. Scheduleをクリックします。
    [レポートのスケジュール設定]ビューが表示されます。

注:レポートに対するアクセス権限を別のユーザーに与える場合は、レポート グループ、レポートで使用されているルール、ルール グループに対するパーミッションも与える必要があります。そうしない場合、エラー メッセージが表示されます。

  1. スケジュールに従ってレポートを実行するには、[有効化]チェックボックスをオンにします。
  2. スケジュール名]フィールドに、スケジュール レポート構成の名前を入力します。
  3. [データ ソース]フィールドで、データ ソースを選択します。

注:データ ソースが表示されていない場合は、そのデータ ソースに対する読み取り権限セットがあることを確認します。これはNWDBおよびWarehouseデータ ソースの場合に該当します。詳細については、「ホストおよびサービスの構成ガイド」の「データ ソースの権限の構成」トピックを参照してください。

  1. (オプション)レポートがプールまたはキューで実行されるようにスケジュール設定するには、[Warehouseリソース プール]ドロップダウンから、クラスタで使用できるプールまたはキューを選択します。このドロップダウンは、Warehouse DBレポートを選択した場合のみ使用できます。

    注:[エクスプローラ]ページでReporting Engineに対して指定したすべてのキューまたはプールがリストに表示されます。[エクスプローラ]ページでプールまたはキューが構成されていない場合、このドロップダウンは無効になり、ジョブはキュー名またはプール名なしでクラスターに送信されます。 

    注:レポートのスケジュールに構成されているプールまたはキューがクラスタから削除された場合、Capacity Schedulerでキュー名は未定義のままになります。ただし、Fair Schedulerでは、プロパティmapred.fairscheduler.allow.undeclared.poolを使用して、指定されているプール名が作成されます。

  2. [タイム ゾーン]ドロップダウン メニューからタイムゾーンを選択して、すべての時間関連のデータを、指定したフォーマットでレポートの出力に表示します。この設定は、Reporting Engineエクスプローラ ビュー(/com.rsa.soc.re/configuration/reportoutputformatterconfig/reportoutputformatterconfig)から構成可能です。
  3. 実行]フィールドから、実行スケジュールのタイプを選択します ([即時]、[毎時]など)。
    実行スケジュールのタイプによって、次のいずれかを実行します。
  • 実行スケジュールに[指定日時]または[毎月]を選択した場合は、表示された各フィールドで日付の値を指定する必要があります。
  • 実行スケジュールに[毎時]を選択した場合は、[]フィールドに分を指定する必要があります。
  • 実行スケジュールに[毎日]を選択した場合は、[時間]フィールドに値を入力する必要があります。
  • 実行スケジュールに[毎週]を選択した場合は、[曜日]フィールドに値を入力し、曜日を選択する必要があります。

注:レポートのスケジュール時に、[過去]オプションを選択した場合、または[範囲(特定/汎用)]オプションで時間範囲の終了時間が現在の時間に非常に近い場合、データ ソース内の集計データが返されていることを確認する必要があります。データ ソースの集計に遅延が発生している場合、終了時間を選択するときに遅延を考慮する必要があります。そうでないと、レポートでその時間範囲内の未集計データが返されません。

変数を使用したレポートを生成する方法については、次のトピックを参照してください:レポートのパラメータ機能での変数の使用.

  1. (オプション)[出力アクション]パネルで、次の手順を実行します。
    1. メール アドレスと件名を入力します。
    2. レポートのメッセージのコンテンツを編集します。
    3. 添付の形式を選択します。
    4. CSV区切り文字および複数値の区切り文字の値を入力します。
    5. (オプション)[その他のオプション]フィールドで、次の操作を実行します。
      1. other_options_button_104.pngをクリックし、[SFTP]、[URL]、[ネットワーク共有]のいずれかの出力アクションを選択します。
        選択した出力アクションで行が追加されます。
      2. REの出力アクション(SFTP、URL、ネットワーク共有)に対し、レポートをPDF形式またはCSV形式(あるいはその両方)で送信するには適切なオプションを選択します。
  2. (オプション)[ダイナミック リスト]パネルにリストを追加するには、次のセクションを参照してください:レポート スケジュールからのリストの生成  
  3. (オプション)[ロゴ]パネルでロゴを選択するには、次のセクションを参照してください: レポート ロゴの選択と管理  

    注:ロゴを指定しない場合、デフォルトのRSAロゴが使用されます。 

  4. Scheduleをクリックします。
    レポートがスケジュールに従って実行され、構成済みの出力アクションに従って結果が通知されます。
    106_ReportResult.png

次のステップ

次のタスクを実行します。

  1. レポートの実行が完了したら、レポートを開き、レポートをPDF形式およびCSV形式の添付ファイルとしてメールで送信することができます。
  2. スケジュール設定されているレポートに基づいてリストを生成し、リストモジュールに表示できます。
  3. スケジュール設定されているレポートをREの指定場所(SFTP、URL、ネットワーク共有)にPDF形式またはCSV形式(あるいはその両方)で送信するには適切なオプションを選択します。
  4. デフォルトのロゴを変更して、レポート スケジュールに表示することができます。
  5. Security Analytics Reporting Engineの詳細な構成は、Reporting Engineの[全般]タブに移動して変更できます。「ホストおよびサービスの構成ガイド」の「Reporting Engineの[全般]タブ」トピックを参照してください。

[レポートのスケジュール設定]ビューでレポートのスケジュール設定を行った場合、デフォルトでは、[過去]オプションの結果が、ユーザーによって指定されたタイム ゾーンで表示されます。次の例では、[過去]オプションに、絶対時間または相対時間に基づく[時間]、[]、[]、[]、[]を選択した場合の結果を具体的に紹介します。

注:デフォルトでは、相対期間のチェックボックスはオフです。この場合、[過去]オプションの結果が絶対時間に基づいて表示されます。

絶対期間に基づく場合

絶対期間を使用すると、現在の時刻(秒を除く)を基準とした絶対時間によってレポートの実行をスケジューリングできます。絶対時間では、期間の区切りに沿ってレポートの対象期間が決定されます。たとえば、現在時刻が12:45PMである場合、絶対時間は12:00PMです。

時間

[時間]を選択し、1時間を指定するとします。ユーザーによって指定された現在時間が4:20PMの場合、3:00PMから4:00PMの時間範囲でレポートが生成されます。

[日]を選択し、1日を指定するとします。現在の日付が2014年8月27日で、ユーザーが指定した現在時刻が10:15AMの場合、2014年8月26日の12:00AM~2014年8月27日の12:00AMの範囲でレポートが生成されます。

[週]を選択し、1週間を指定するとします。現在の日時が2014年8月27日2:30PMで、曜日が水曜日の場合、2014年8月16日土曜日の12:00AM~2014年8月23日土曜日の12:00AMの範囲でレポートが作成されます。

[月]を選択し、1か月を指定するとします。現在の日時が2014年8月27日の2:30PMの場合、
2014年7月1日の12:00AM~2014年7月31日の12:00AMの範囲でレポートが生成されます。

[年]を選択し、1年を指定するとします。現在の日時が2014年8月27日の2:30PMの場合、
2013年1月1日の12:00AM~2013年12月31日の12:00AMの範囲でレポートが生成されます。

相対期間に基づく場合

相対期間を使用すると、現在の時刻に対して相対的にレポートの実行をスケジューリングできます。現在の時刻に対して相対的な期間であるため、対象期間は随時変化します。たとえば、現在時刻が12:45PMである場合、相対時間は12:45PMです。

時間

[時間]を選択し、1時間を指定するとします。ユーザーによって指定された現在の時刻が4:20PMの場合、3:20PMから4:20PMの時間範囲でレポートが生成されます。

[日]を選択し、1日を指定するとします。現在の日付が2014年8月27日で、ユーザーが指定した現在時刻が10:15AMの場合、2014年8月26日の10:15AM~2014年8月27日の10:15AMの範囲でレポートが生成されます。

[週]を選択し、1週間を指定するとします。現在の日時が2014年8月27日12:30PMで、曜日が水曜日の場合、2014年8月21日木曜日の12:30PM~2014年8月27日水曜日の12:30PMの範囲でレポートが生成されます。

[月]を選択し、1か月を指定するとします。現在の日時が2014年8月27日 2:30PMの場合、
2014年7月27日の2:30PM~2014年8月27日の2:30PMの範囲でレポートが生成されます。

[年]を選択し、1年を指定するとします。現在の日時が2014年8月27日の2:30PMの場合、2013年8月27日の2:30PM~2014年8月27日の2:30PMの範囲でレポートが生成されます。

Previous Topic:レポートの表示
You are here
Table of Contents > Reportsモジュールのレポートの操作 > レポートのスケジュール > 基本的な手順 > レポートのスケジュール設定

Attachments

    Outcomes