レポート:[チャートのテスト]ビュー

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

[チャートのテスト]ビューでは、ユーザーがチャートを表示してテストすることができます。関連づけられている手順については、次を参照してください。 [チャートの表示]パネル.

[チャートのテスト]ビューにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、レポート]をクリックします。
    [管理]タブが表示されます。
  2. チャート]をクリックします。
    [チャート]ビューが表示されます。
  3. チャート]パネルで、レポートを選択します。
  4. Viewをクリックします。

次の図は、[チャートのテスト]ビューを示しています。

機能

[チャートのテスト]ビューは、次のパネルで構成されています。

  • チャート ツールバー
  • チャート出力
  • チャート オプション

チャート ツールバー

チャート ツールバーでは特定のチャートを調査したり、画面を全画面表示に変更したりできます。

           
機能説明
Investigate選択したチャートをさらに調査できます。
フル スクリーンチャートを全画面表示することができます。

チャート出力

[チャート出力]では、選択したタイム チャート オプションの情報をチャート形式で表示します。

次の表に、[チャートのテスト]ビューの機能とその説明を示します。

                 
機能説明
表示表示する必要のある値を選択できます。オプションには、[X軸]、[Y軸]、[凡例]があります。
X軸このフィールドには、セッション数が表示されます。
Y軸 このフィールドには、実際の出力が表示されます。
凡例このフィールドには、チャートに表示される変数のリストが表示されます。

チャート オプション

次の図の[チャート オプション]パネルには、チャート表示を構成するための時間範囲、系列、チャート タイプの各フィールドが表示されます。

次の表に、[チャート オプション]パネルのフィールドと説明を示します。 

                       
機能説明
時間範囲
デフォルトの時間範囲は[直近3時間]です。ただし、ドロップダウン リストから別の値を選択することもできます(たとえば、事前設定値である[直近1時間]または[直近6時間]など)。あるいは、[直近N日]または[カスタム]オプションを選択してカスタマイズすることもできます。
From 開始日と時刻(カスタム オプションの場合のみ)。
To 終了日と時刻(カスタム オプションの場合のみ)。
系列
系列フィールドには2つのオプションがあります。
• 時系列チャート:選択した時間範囲全体のチャートを表示します。
• 合計チャート:選択した日付範囲のデータのサマリーがレンダリングされます。
プロットするアイテムユーザーがチャートに表示するイベントの最大数。
チャート タイプ
表示するチャートのタイプ(面、棒、列、折れ線、ステップ折れ線、ステップ面、スプライン面、スプライン)。
You are here
Table of Contents > Reportsモジュールの参考資料 > チャートに関する参考情報 > [チャートのテスト]ビュー

Attachments

    Outcomes